記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

後場に注目すべき3つのポイント~材料性のある中小型株に値幅取り狙いの資金が集中

2019-01-21 12:43:32


*12:43JST 後場に注目すべき3つのポイント~材料性のある中小型株に値幅取り狙いの資金が集中
21日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は続伸、材料性のある中小型株に値幅取り狙いの資金が集中
・ドル・円は下げ渋り、中国GDPは下振れ予想と一致
・値上がり寄与トップは東エレク<8035>、TDK<6762>


ファーストリテと東京エレクトロンの2銘柄で約39円押し上げ


■日経平均は続伸、材料性のある中小型株に値幅取り狙いの資金が集中

日経平均は続伸。92.67円高の20758.74円(出来高概算5億8000万株)で前場の取引を終えた。中国側が今後6年間に渡る米国からの輸入拡大を提案するなど、米中貿易交渉が進展しているとの期待から18日の米国市場が大幅上昇となり、日本株市場も買い先行となった。ただし、中国の経済指標の結果を見極めたいとする模様眺めムードもあり、寄り付き後に付けた20892.68円を高値に上げ幅を縮めている。週明けの米国市場が休場となるため、海外勢のフローが限られていることも影響しているようである。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1600を超えており、全体の7割強を占めている。セクターでは石油石炭、鉱業、海運、金属製品、鉄鋼、卸売など資源関連の強さが目立っている。一方で、空運、陸運が小幅に下落。指数インパクトの大きいところでは、TDK<662>、東エレク<8035>、日東電<6988>、信越化<4063>が堅調。半面、ダイキン<6367>、ファーストリテ<9983>、ユニファミマ<8028>が重石となっている。

日経平均は買い一巡後は上げ幅を縮める展開ではあるが、25日線を上放れてきているところでもあり、戻り待ちの売りも意識されやすいところであろう。注目されていた中国の経済指標については、概ね予想通りの内容であり、押し目買い意欲は強いとみられる。とはいえ、米株高がけん引する格好であるため、週明けの米国市場が休場となると、手掛けづらさが意識されやすいところである。

その他、日銀金融政策決定会合が22-23日に開かれる。政策面では現状維持がコンセンサスではあるが、市場の一部ではETF買入れ比率について、225型を引き下げ、TOPIX型を引き上げるのではないかとの見方がされている。ファーストリテの弱い動きも警戒されるため、黒田総裁会見を見極めたいとの模様眺めも強まりやすいところであろう。そのため、物色はサンバイオ<4592>など、材料性のある中小型株に値幅取り狙いの資金が集中しやすいだろう。


■ドル・円は下げ渋り、中国GDPは下振れ予想と一致

21日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。中国国内総生産(GDP)は下振れ予想と一致し、リスク回避的な円買いは後退した。

ドル・円は、前週末のNY終値109円70銭付近で寄り付いた後、日本株高が進んだものの、ドルは小幅に値を下げる展開に。11時に発表された中国GDPは前年比+6.4%と前回を下回った。ただ、織り込み済みのため、円売り方向に振れた。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いを維持しており、日本株高継続を期待した円売りが見込まれる。また、中国株の強含みも好感されよう。ただ、材料難でドル買いは続かない見通しで、節目の110円には距離がありそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円47銭から109円77銭、ユーロ・円は124円52銭から124円77銭、ユーロ・ドルは1.1362ドルから1.1377ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・ワタベウェディング<4696>やベストワンドットコム<6577>など、10銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップは東エレク<8035>、TDK<6762>


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「米連邦準備制度理事会(FRB)は将来の景気低迷局面でも利下げ余地が小さくなっているが、他にも方法はある」

【経済指標】

・中・10-12月期GDP:前年比+6.4%(予想:+6.4%、7-9月期:+6.5%)

・中・12月小売売上高:前年比+8.2%(予想:+8.1%、11月:+8.1%)

・中・12月鉱工業生産:前年比+5.7%(予想:+5.3%、11月:+5.4%)


<国内>
特になし

<海外>
・米国休場(キング牧師誕生日)《HH》

フィスコ

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.