記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

乃木坂46 和田まあや、緊張の初舞台で得たものは?

2019-01-16 20:26:53

 乃木坂46、1期生の和田まあやの事実上の初舞台(プリンシパルは除く)『ユニコーン』が千秋楽を迎え、最終日には、なんとトリプルカーテンコールとほとんどの観客によるスタンディングオベーションで幕を閉じた。

【こちらも】和田まあや、山崎怜奈が見せた乃木坂の好感度の秘訣

 元々、舞台には苦手意識があったという和田だったが、その日のブログは充実感一杯の笑顔で、共演者へ一人一人への感謝の言葉、そしてもちろん観客への感謝で溢れており、興奮していたのか、「新成人」を「新生児」、「360度意識が変わった」などの、まあや節(?)が溢れるもので、本人も相当手ごたえを感じたようだ。

 この「ユニコーン」は、乃木坂では「じょしらく」でタッグを組んでいる川尻恵太氏による演出・脚本。コント色の強い舞台は、まさに和田にとっては適役で、自分の色を出せた感があり、初舞台としては十分に合格点が付けられるものであった。

 ただ、記者としては、この舞台でこれだけの才能の片りんを見せつけたのだから、次回はシリアスな……普段テレビで見せるキャラとは正反対の役をやってほしいという夢も抱くことができた。

 昨年から今年にかけて、和田まあやほど、目立たないものの成長を遂げたメンバーはいない。最年少の「愛されまあや」の雰囲気はそのままで、しかし、アンダーライブではキャプテンを任され、冠番組への露出も多くなり、ラジオではその奔放なしゃべりが受けて引っ張りだこである。

 さらに、毎年恒例のメンバーが乃木坂神社で行う成人式には、舞台のスケジュールで参加できなかったものの、スタイリストやメイク、マネージャーらの計らいで、朝、他の成人メンバーとの集合写真だけは撮らせてもらっているなど、心温まるエピソードも綴られている。

 成人を迎え、ルックスもどんどん進化して、これまであまり話題になることはなかったが、スタイルの良さも際立ってきて、モデルになってもおかしくないレベルにまで達している(と記者は思う)。

 かつて、ドランクドラゴンの鈴木拓からは「バラエティ界の宝」と言われ、アルコ&ピースの2人からは「ばけもの」とまで評価されている潜在能力がいよいよ覚醒するとなると、また一つ乃木坂に大きな柱が立つことになる。

 和田の活躍から目を離してはいられないだろう。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.