記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

小芝風花、声優初挑戦の『くるみ割り人形と秘密の王国』は私にとって運命的

2019-01-16 10:10:54

『シンデレラ』『美女と野獣』のディズニーが、世界中から愛され続ける不朽の名作「くるみ割り人形」を実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』の先行デジタル配信が2月6日にスタート、3月6日にはブルーレイ+DVDセットが発売となる。写真:(C) 2019 Disney

『シンデレラ』『美女と野獣』のディズニーが、世界中から愛され続ける不朽の名作「くるみ割り人形」を実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』の先行デジタル配信が2月6日にスタート、3月6日にはブルーレイ+DVDセットが発売となる。写真:(C) 2019 Disney

 『シンデレラ』『美女と野獣』のディズニーが、世界中から愛され続ける不朽の名作「くるみ割り人形」を実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』の先行デジタル配信が2月6日にスタート、3月6日にはブルーレイ+DVDセットが発売となる。これを記念し、主人公クララ役の日本語吹替版声優をつとめた若手女優・小芝風花のインタビュー映像が解禁となった。

 ・[動画]解禁となった小芝風花『くるみ割り人形と秘密の王国』インタビュー映像

 本作は、<お菓子の国><雪の国><花の国>と<第4の国>からなる<秘密の王国>を舞台に、愛する母を亡くし心を閉ざした主人公クララの冒険を描いたファンタジー映画。

 クララ役には、“世界一美しい10代”としてハリウッドからいま最も熱い視線を集めているマッケンジー・フォイが抜てきされ、キーラ・ナイトレイ、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレンら豪華キャストが共演。また、バレエ界からはミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンが特別出演するほか、音楽界からはピアニストのラン・ランやアンドレア・ボチェッリ&マッテオ・ボチェッリなど、世界を代表する超一流アーティストたちが参加。日本語吹替版では前述のように小芝がクララ役を演じたほか、坂本真綾(シュガー・プラム役)や小野賢章(フィリップ役)などの人気声優も出演している。

 解禁となったインタビュー映像は、小芝が声優に初挑戦した本作への思いを口にしているもの。見どころを聞かれた小芝は、クララが亡き母からのクリスマスプレゼントである卵型の入れ物の鍵を探す冒険の途中で、自分の中にある大切なものに気づくシーンを挙げ、「きっとそれは(本作を)見てくださったみなさまも、ハッと気づかされるところがあると思うので、ぜひ、この作品を見て、自分の中にある大切なものは何なのだろうって、一緒に考えていただけると嬉しいです」とコメント。

 また、小学校3年生から中学校2年生までフィギュアスケートを習っていたそうで、「4年生のときに『くるみ割り人形』で滑っていたことがあったんです」と振り返ると、「なので声優デビューの作品がディズニーのヒロインで、『くるみ割り人形』を実写化した作品であるというのが、すごく運命的だなって思っています。二重で嬉しい感じです」と目を輝かせた。

 『くるみ割り人形と秘密の王国』は2月6日より先行デジタル配信開始。3月6日にブルーレイ+DVDセット(4000円+税)がリリースとなる。ブルーレイ+DVDセットは初回限定特典として、きらびやかなホログラム仕様の“キラキラ”アウターケース付きとなっている。

ムビコレ

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.