記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

主人公の声は安元洋貴!『アクアマン』日本語吹替版キャスト発表

2019-01-11 14:55:36

『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワン監督が手がける最新作で、サメをはじめとする海の生物すべてを従え戦うヒーロー”アクアマン”の活躍を描く『アクアマン』の日本語吹替版キャストが発表となった。写真:『アクアマン』日本語吹替版キャスト (C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C) DC Comics”

『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワン監督が手がける最新作で、サメをはじめとする海の生物すべてを従え戦うヒーロー”アクアマン”の活躍を描く『アクアマン』の日本語吹替版キャストが発表となった。写真:『アクアマン』日本語吹替版キャスト (C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C) DC Comics”

 『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワン監督が手がける最新作で、サメをはじめとする海の生物すべてを従え戦うヒーロー”アクアマン”の活躍を描く『アクアマン』の日本語吹替版キャストが発表となった。

 ・[動画]海の生物を操る男の戦いが始まる/映画『アクアマン』予告編

 本作の主人公で、海時速160キロで泳ぐことができ、人間の150倍もの力があり、あらゆる海洋生物を操ることができるアクアマンの声を担当するのは、『弱虫ペダル』の金城真護をはじめ、『ソードアート・オンライン』『BLEACH』など数々の大ヒットアニメで声優をつとめる安元洋貴。「ただの男前ではないヒーローであるアクアマン。そんな男に声で助力できてしあわせです。『カッコいいとはこういうことだ』を体現してくれた男の生き様を、みなさんぜひ楽しんでください」とのコメントを寄せている。

 また、本作のヒロインで、アクアマンと一緒に海底帝国アトランティスの地上征服を阻止すべく奮闘するメラの声を、『機動戦士ガンダムSEED』のラクス・クラインや『ガールズ&パンツァー』の西住まほなど、幅広い役どころをこなす田中理恵が演じる。

 さらに、アクアマンの弟で、海底帝国アトランティスの王でもあるオームの声を、『マクロスF』の早乙女アルトや『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂京介などで知られる中村悠一。アクアマンの母アトランナの声を、『ルパン三世』の峰不二子(3代目)や、現在オンエア中の『ゲゲゲの鬼太郎(第6期)』の鬼太郎をはじめとする人気キャラクターを多数演じている沢城みゆき。アクアマンの少年時代の声を『ハイキュー!!』 の日向翔陽を演じ、第10回声優アワード新人男優賞も受賞した村瀬歩が演じる。

 『アクアマン』は2月8日より全国公開となる。

ムビコレ

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.