記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

12月のアルバイト平均時給は1073円、5カ月連続増加 ディップ調査

2019-01-09 21:22:38

 求人情報サイトなどを運営するディップの発表によると、2018年12月におけるアルバイト時給は1,073円となり、増加傾向が続いていることが分った。

【こちらも】大学卒業予定者の就職内定率、過去最高 売り手市場続く

■前年同月比は28カ月連続増加
 8日、ディップは、同社運営のアルバイト情報サイト「バイトル」掲載の求人広告データから集計した、2018年12月におけるアルバイト時給データを発表した。12月のアルバイト平均時給は1,073円で、前月比は16円増となり、5カ月連続で増加。また、前年同月比は44円増となり、28カ月連続で増加している。

■全てのエリアで前月比・前年比ともに増加
 エリア別で最も時給が高いのは、関東の1,123円(前月比:11円増、前年同月比49円増、以下同じ)だった。次いで、関西の1,082円(16円増、47円増)、東海の1,043円(19円増、32円増)、九州の953円(10円増、23円増)となっており、全てのエリアで前月比・前年比ともに増加していることが分った。

■専門職種で時給が増加傾向
 前年12月から大きく増加した職種としては、事務的職業では、営業その他が1,321円(前年同月比:207円増、以下同じ)、専門的職業では、IT・クリエィティブ/クリエイター・その他が1,341円(183円増)、看護・介護が1,269円(196円増)、医療・介護・福祉その他が1158円(155円増)、調査業務が1,506円(481円増)、調査・モニターその他が1,226円(203円増)、サービスの職業では、イベントその他が1,405円(212円増)、モデル・エキストラ・芸能関連が2,051円(616円増)、旅行が1,518円(279円増)、エステ・リラクゼーションが1,093円(128円増)などとなっている。

■美容・理容の時給が減少
 反対に、前年12月から時給が減少した職種としては、事務的職業では、オフィスその他が1,381円(前年同月比:59円減、以下同じ)、専門的職業では、SE・PG・エンジニア・運用が1,199円(180円減)、サービスでは、美容・理容・メイクが934円(149円減)、専門職・その他が1,006円(79円減)、美容・理容・サロンその他が978円(217円減)などとなっている。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.