記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

初のライブ動画配信も アマゾンジャパン「サイバーマンデー」で新サービス続々

2018-11-20 23:11:40

 アマゾン・ジャパンは、12月7~11日に行う大規模セール「サイバーマンデー」に合わせ、様々なサービスを投入する。数十万点以上を特別価格で販売し、ライブ動画配信「アマゾン ライブ チャンネル」や、試着・返送ができる「プライム・ワードローブ」、買い物ガイドサービスなどを用意した。多種多様なニーズに対応し、アマゾン初心者から、新規登録数が過去最高数(昨年から今年7月の大型セール「プライムデー」までの累計)に達したプライム会員まで、幅広い層を囲い込む。セール概要について、きょう、今年3月に開設したアマゾンファッション撮影スタジオ(東京・品川)で発表した。
 
 同社がサイバーマンデーにセールを行うのは今年で7年目で、実施期間は、12月7日18時から11日1時59分まで。12月に発売する画面付きスマートスピーカー「アマゾン エコー スポット(Amazon Echo Spot)」などアマゾンのデバイス製品をはじめ、家電、化粧品、ゲーム、玩具、食器、食品、ペット用品など、アマゾンで販売するほぼすべての商品カテゴリーが対象にしている。4つ星以上の評価がついたトップブランドや人気の商品を中心に販売する「特選タイムセール」、数量限定で5分ごとに商品が登場する「数量限定タイムセール」などを実施。初の試みとなる「サイバーマンデー記念発売」は、先行販売商品・数量限定商品20種類以上をアマゾン限定で販売するもの。ル・クルーゼなどの人気キッチウエアを使って料理をしたり、レゴ製ロボットでプログラミングを学習するなど、商品と体験イベントをセットにした企画を数量限定で用意。20年熟成のサッポロのブランデーは、限定300本を先行販売する。
 










12月に国内発売する「アマゾンエコースポット」もセール対象に
クリエイターがおすすめ商品を紹介 初のライブ動画「アマゾン ライブ チャンネル」



人気クリエイターのMasuoTVさんが、11月20日に発売するアマゾン史上最大のおせち

「林裕人監修 スーパー超特大おせち」(税込み39万円)を前にライブ配信を実演
 タイムセールの対象商品数十点を人気のクリエイターがライブ動画で紹介する「アマゾン ライブ チャンネル(Amazon Live Channel)」を初めて実施する。12月7日18時から、アマゾンの公式SNS(ユーチューブ、フェイスブック、ツイッター)と、各クリエイターのSNSアカウントでそれぞれ配信する。動画クリエイターとして人気のMasuoTVさんなどが参加する予定だ。すでに米国では同サービスを開始しており、「クリエイター独自の観点や様々な視点で商品を紹介してほしい」(アマゾンジャパン コンシューマーマーケティング総括本部本部長鈴木浩司ディレクター)。
自宅で試着 ほしいものだけ支払う「プライム・ワードローブ」
 







 注力するファッション事業においても10月から新サービスを始めた。プライム会員向け「プライム・ワードローブ(Prime Wardrobe)」は、アマゾンファッションで提供している数千ブランドの中からレディス、メンズ、キッズ向けの服、シューズ、バッグ、腕時計、ジュエリーなどをまとめて取り寄せることができ、自宅で試着後、購入したい商品のみに対し、代金を支払うサービス。プライム会員であれば追加料金なしで利用可能。指定した商品3~8点を1度に注文できる(サイズ・色違いなども可能)。試着期間は7日間で、購入しない商品は、返送料無料で配送時の再閉可能な箱に入れて返送する。
 アマゾンジャパン消費財事業本部統括事業本部長前田宏バイスプレジデントは、「試着なしで購入することに不安を感じている方は多い。このサービスを通じてそうした不安を取り除き、安心・便利なサービスを提供する」と話した。
アマゾン初心者を取り込む 買い物ガイドをオープン
 
 初めてアマゾンを使う人に向けて、アマゾンでの買い物方法や人気の商品を提案するページ「Amazonでお買い物を始めよう」をオープンした。注文方法から、支払い方法、配送日時や受け取り場所、返品・交換手続きやマーケットプレイス保証などについてわかりやすくガイドする。
通常配送を選んだ場合は、ポイント獲得
 
 セール期間中は、最大10%の還元率のポイントアップキャンペーンを実施。プライム会員は、サイバーセールの期間中、早期発送(当日お急ぎ便、お急ぎ便)を無料で何度も利用できる。一方、通常配送を選択した場合は、1回の注文でアマゾンのポイントプログラムで30ポイントを獲得できる。年末の物流繁忙期とセール時期が重なるが、「体外的背景に対応したものではなく、多種多様な顧客のニーズに対応したもの」(鈴木氏)と強調した。




アパレルウェブ
※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.