記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

【銘柄フラッシュ】セプテーニHDなど急伸し上場2日目のVALUENEXは活況高

2018-11-01 07:01:57

 10月31日は、スミダコーポレーション<6817>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、30日に発表した第3四半期決算が材料視されて朝方は一時ストップ高の300円高は26.9%高と急伸し大引けも25.5%高。

 2位はフオスター電機<6794>(東1)の20.5%高となり、30日に発表した第2四半期決算が材料視されて2カ月以上続く小動き横ばい相場を飛び出すように戻り高値を更新。

 3位は豆蔵ホールディングス<3756>(東1)となり、30日に発表した第2四半期の決算見通しが注目されてストップ高の19.6%高。

 アイスタディ<2345>(東2)は後場寄り後に一段高となってストップ高の16.8%高に達し、大引けもストップ高。eラーニング、オラクル研修などが政府の外国人労働者の受け入れ拡大政策に乗るとされて材料株妙味を発揮。大興電子通信<8023>(東2)は12.1%高となり、ヒトの動作を見える化した「IoW」(インターネットオブワーカーズ、ヒトのインターネット)の開発に注目との見方があり出直りを拡大。

 VALUENEX(バリューネックス)<4422>(東マ)は上場2日目になり、朝方は軟調だったが今7月期の営業利益を前期比39%増、純利益は同45%増とする大幅増収増益などへの注目は強いようでストップ高の700円高は16.3%高。

 セプテーニ・ホールディングス<4293>(JQS)はストップ高(50円高の192円)の35.2%高となり、電通<4324>(東1)による1株260円でのTOB(公開買付)を受けて急伸。テセック<6337>(JQS)は第2四半期の大幅増益などが注目されて朝方にストップ高の300円高は21.4%高と急伸し大引けは18.1%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.