記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

SUBARU 大幅続落、品質関連費用計上で上半期業績予想を下方修正

2018-10-24 10:00:53


*10:00JST SUBARU---大幅続落、品質関連費用計上で上半期業績予想を下方修正
SUBARU<7270>は大幅続落。前日に上半期業績予想の下方修正を発表している。営業利益は従来予想の1100億円から610億円に下方修正、7-9月期は34億円程度の水準にまで低下したことになる。品質関連費用の計上が下方修正の背景、詳細は発表されていないものの、600億円程度が計上されたとみられている。あくまで一過性の費用計上ではあるが、円安による押し上げ効果なども期待されていた中、予想外の下方修正にネガティブインパクトが先行。《US》

フィスコ

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.