記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

中国の研究者ら、遺伝子操作技術でオス同士/メス同士のマウスの子供に成功

2018-10-16 09:18:19

 中国の研究者らが遺伝子操作(ゲノム編集)技術を使ってオス同士/メス同士のマウスの子供を作ることに成功したと発表した(NHK読売新聞朝日新聞GIGAZINE)。

 オス同士のマウスの子供は、片方のマウスの精子から作ったES細胞(胚性幹細胞) から卵子に似せた細胞を作り、それと別のマウスの精子を合わせて代理母に移植することで作り出した。ただし、生まれた子供は48時間で死んでしまったという。メス同士のマウスの子供も同じ手法で作り出し、こちらは正常に発達して新たな子供を産む個体もあったという。

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.