記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

リボミック 大幅に反発、疼痛治療薬の抗NGFアプタマーが米国で物質特許査定/新興市場スナップショット

2018-08-22 09:14:29


*09:14JST <4591> リボミック 417 +5
大幅に反発。藤本製薬(大阪府松原市)と共同で米特許庁に出願していた抗NGF(神経成長因子)アプタマーに関する物質特許について、特許査定を得たと代理人から通知からあったと発表している。NGFの作用を阻害するアプタマーをカバーする物質特許で、日欧で権利化されている。米国での特許査定に伴い、疼痛治療薬として開発中のRBM004が知的財産権面でさらに強固に保護されることになるという。《HH》

フィスコ

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.