記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

【銘柄フラッシュ】シャープの出直りが快調でアドウェイズは2日連続ストップ高

2018-08-02 16:03:46

 2日は、東証1部の値上がり率1位がアイ・エス・ビー<9702>(東1)の16.5%高となり、1日に発表した第2四半期決算と通期見通しの増額が好感されて戻り高値を更新。

 2位は三井ハイテック<6966>(東1)の10.4%高となり、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を上げ、目標株価も従来の2400円を一気に3200円へ引き上げたと伝わり急動意。

 3位はスミダコーポレーション<6817>(東1)の9.4%高となり、31日に発表した四半期決算は2ケタ減益で通期見通しも小幅減益のまま据え置いたが、すでに売られていたとされて翌日から続伸。7日移動平均や25日移動平均、さらに一目均衡表の「雲」を抜いたため形勢好転の見方。

 シャープ<6753>(東1)は第1四半期の大幅増益や優先株を回収との観測報道が材料視されて続伸し5.8%高となって戻り高値を更新。

 ソルコム<1987>(東2)は経営統合が材料視されて14.2%高と急伸。ンロ<2216>(東2)は13時30分に四半期決算と業績見通しの増額を発表してから動意を強め6.0%高と高値を更新。

 アドウェイズ<2489>(東マ)は第1四半期の大幅増益が好感されて2日連続ストップ高の19.5%高。ALBERT<3906>(東マ)はデータサイエンティスト養成講座が経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」に認定されたことなどが言われて14.0%高と急伸。

 ビジョナリーホールディングス<9263>(JQS)は過日急落の原因となった大株主の投資ファンドによる株式売り出しの織り出し価格が決定したことが買戻し要因とされて18.9%の急伸となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.