記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

米空港パブリックWi-Fi危険度ランキング、1位はサンディエゴ

2018-07-22 23:55:45

クラウドセキュリティサービスを提供するCoronetの調査によると、米国の空港でパブリックWi-Fiの危険度が最も高いのはサンディエゴ国際空港だったそうだ(プレスリリースHackReadの記事リポート: PDF)。

調査では最も旅客数の多い45空港を利用した個人ユーザーおよび企業ユーザー25万人以上から5か月にわたってデータを収集・分析。危険度は空港を利用するユーザーのデバイスにおける脆弱性と、偽ホットスポットなどに接続する危険性について各5点満点、計10点満点(高い方が危険)で評価している。

Wi-Fiの利用が危険な空港トップ10とスコアは以下の通り。いずれもデバイスに適切な保護を行っていなければWi-Fiの利用を避けるべき、危険度スコア5.9以上となっている。 空港 スコア サンディエゴ国際空港(SAN) 10 サンタアナ・ジョンウェイン空港(SNA) 8.7 ヒューストン・ホビー空港(HOU) 7.5 フォートマイヤーズ・サウスウェストフロリダ国際空港(RSW) 7.1 ニューアーク・リバティー国際空港(EWR) 7.1 ダラス・ラブフィールド空港(DAL) 6.8 フェニックス・スカイハーバー国際空港(PHX) 6.5 シャーロット・ダグラス国際空港(CLT) 6.4 デトロイト・メトロ空港(DTW) 6.4 ボストン・ローガン国際空港(BOS) 6.4 5位のリバティー国際空港では中リスクのネットワークに接続する可能性が1%、高リスクのネットワークに接続する可能性が0.6%なのに対し、一位のサンディエゴ国際空港ではそれぞれ30%、11%に跳ね上がる。サンディエゴは危険度スコア満点であり、正規のWi-Fiアクセスポイントと同名の偽(Evil Twin)アクセスポイント「#SANfreewifi」がARPポイズニング攻撃を実行しているとのこと。
一方、危険度の低い空港トップ10は以下の通り。いずれも危険度スコア5.4未満であり、注意すべき点は既知のネットワークに接続する程度となっている。 空港 スコア シカゴ・ミッドウェイ国際空港(MDW) 4.5 ローリーダーラム国際空港(RDU) 4.9 ナッシュビル国際空港(BNA) 5.1 ワシントン・ダレス国際空港(IAD) 5.1 サンアントニオ国際空港(SAT) 5.2 ニューオリンズ・ルイアームストロング国際空港(MSY) 5.2 カンザスシティ国際空港(MCI) 5.2 セントルイス・ランバート国際空港(STL) 5.3 マイアミ国際空港(MIA) 5.3 タンパ国際空港(TPA) 5.3  

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.