記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

映画『食べる女』8人の女性のリアルな”食”と”性” 小泉今日子・沢尻エリカ・前田敦子・広瀬アリス

2018-07-09 23:07:26

 映画『食べる女』が、2018年9月21日(金)に公開。

■女性たちの"食"と"性"を描く
 本作は、筒井ともみによる短篇集「食べる女」「続・食べる女」を実写化。“スローフード・スローセックス宣言”を冒頭1ページ目から掲げたセンセーショナルな作品だ。年齢から、職業、価値観まで様々な8人の女たちの日常を通して、”食”と”性”を描き出す。

■キャストに豪華女優勢が集結
 中でも注目したいのが、豪華な女優陣。主演の小泉今日子を筆頭に、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香をキャスティング。全員主役級の豪華女優8人が、ドキリとさせられるほどリアルな今の女性たちの欲望や葛藤を描きだす。中でも小泉今日子は、筒井自らがラブコールを送り、2年かけて出演を実現した。

■男性キャストに、ユースケ・サンタマリアや小池徹平
 「料理」と「セックス」をテーマに、恋や仕事に悩みながらも本来の自分を取り戻そうとする女性たちを描く本作品。物語に花を添える男性の出演キャストも発表された。小泉今日子演じる敦子の家に集まる、沢尻エリカ演じる編集者圭子(通称・ドド)の相手役にはユースケ・サンタマリアが決定。つまらない男などよせつけまいと、仕事をバリバリとこなしマンションも購入したドドが、ユースケ・サンタマリア演じる一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベと接点を持つようになる。

 池内博之が担当するのは妻との関係に見切りをつけようとする男・修治、そして勝地涼は、恋に悩む小学校教師白石を熱演する。ほかにも小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE)、PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人の参加も決定。世代・ジャンルを超えたキャスト陣が、個性豊かな男たちの物語を描いていく。

■監督は『手紙』の生野慈朗
 また監督には、トレンディ・ドラマの金字塔とも言える「男女7人夏物語」や、東野圭吾の人気小説を実写化した映画『手紙』などを手がけた生野慈朗が抜擢された。

【詳細】映画『食べる女』公開時期:2018年9月21日(金)企画&原作・脚本:筒井ともみ監督:生野慈朗キャスト:小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE)、PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人

ファッションプレス
※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.