記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

阪大、紙の電子ペーパーを開発

2018-04-27 19:39:36

maia曰く、 大阪大学産業科学研究所で紙の電子ペーパーが開発された(大学ジャーナルオンライン大阪大学研究情報)。

 「紙のような」ではなく、樹木セルロースナノファイバーの「透明な紙」とセルロースパルプ繊維の「白い紙」を用いて電気で表示する「紙の電子ペーパー」である。セルロース繊維の白い紙の表面に不揮発性の電解質を固定し、「紙の電解質」とする。透明な紙の表面にはエレクトロクロミック(EC)機能を有する導電性高分子ポリ(PEDOT:PSS)をコーティングし、EC電極とする。白い紙と透明な紙を貼り合わせることで電子ペーパーができる。

 プレスリリースを読んでもこれ以上のことは分からないが、要は固定表示のオン・オフが紙ベースで出来るということか。同研究グループは紙ベースのメモリ、トランジスタ、アンテナ、スーパーキャパシタなども開発しており、将来は電子書籍への応用も可能と考えているらしい。

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.