1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > リサイクル(4)

リサイクルのニュース(ページ 4)一覧

rss
ホンダが目指すモーターへのレアアース再利用の流れ(画像:ホンダ)

ホンダは18日、ハイブリッド車用ニッケル水素バッテリーから抽出したレアアースをハイブリッド車用モーターの磁石へ再利用する取り組みを、TDK、日本重化学工業と共同で推進していくことに合意したと発表した。 06/18 12:56

ホンダのニッケル水素バッテリー再利用の流れ(画像:ホンダ)

ホンダは3日、ハイブリッド車用ニッケル水素バッテリーから抽出したレアアースをニッケル水素バッテリーの材料として再利用し、貴重な資源を循環させる仕組みを世界で初めて確立したと発表した。 03/04 12:06

住友林業は9日、廃棄物の高度な分別が実施可能な自社専用のリサイクル施設「首都圏資源化センター」を埼玉県加須市に設立し、本格稼動を開始したと発表した。 10/10 12:50

三菱マテリアルが、世界に先駆けて使用済みハイブリッド自動車からのレアアース磁石の回収技術の開発およびリサイクルシステムの実証に着手したと発表した。 09/11 11:00

三菱マテリアルは10日、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「使用済みモーターからの高性能レアアース磁石リサイクル技術開発」事業の助成事業テーマとして、三菱マテリアルが提案した「使用済み自動車からの希少金属回収技術開発」が採択されたと、10日発表した。 09/10 13:54

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は21日、使用済のハイブリッド自動車や家電製品などからレアアース磁石を回収、レアアースを効率的に抽出する技術の開発・実証に取り組む5社への助成を行うことを決定したと発表した。 08/21 17:46

富士通は17日、使用済みのCDやDVDをノートパソコンの筐体に再生利用するリサイクルシステムを富士通研究所と共同で構築し、夏モデルのノートパソコンの一部で再生プラスチックの利用を開始したと発表した。写真は、再生プラスチックの適用部分。

富士通は17日、使用済みのCDやDVDをノートパソコンの筐体に再生利用するリサイクルシステムを富士通研究所と共同で構築し、夏モデルのノートパソコンの一部で再生プラスチックの利用を開始したと発表した。 08/17 15:00

帝人は9日、中国でポリエステルのケミカルリサイクル事業を展開する合弁会社の設立を決定し、中国の有力企業である精工集団と合弁契約を締結したと発表した。 08/10 10:39

富士通が、銅を含有する工場廃水から効率的に銅を回収する東芝の新しい水処理システムを日本で初めて導入、本日から運用を開始すると発表。 06/28 11:00

ホンダは、今年4月より使用済みのハイブリッド車用ニッケル水素バッテリーからレアアースを抽出しているが、その抽出したレアアースの再利用を2012年中に開始すると、20日発表した。 06/20 11:57

川崎事業所のプラスチックケミカルリサイクルプラント(写真:昭和電工)

昭和電工は23日、産業廃棄物の再資源化の取り組みを事業所単位から同社全体での包括的な取り組みとすることにより、製造工程等で発生する産業廃棄物のさらなる削減を推進すると発表した。 05/23 12:20

イトーヨーカ堂が展開する「環境循環型農業」概要(画像:イトーヨーカ堂)

イトーヨーカ堂は18日、農業事業の子会社「セブンファーム東海」を愛知県碧南市に設立し、同地にてイトーヨーカ堂初となる東海エリアでの「環境循環型農業」を開始すると発表した。 04/18 17:42

ホンダが目指すレアアース再利用の流れ(画像:ホンダ)

ホンダは17日、日本重化学工業と共同で、さまざまな自社製品の使用済み部品からレアアース(稀土類)を、実験レベルではなくリサイクルプラントの量産工程で抽出するプロセスを世界で初めて確立したと発表した。 04/17 14:02

ペットボトル自動回収機(画像:セブン&アイ・ホールディングス)

セブン&アイ・ホールディングス(HD)とトムラ・ジャパン(東京都大田区)は16日、セブン&アイグループのイトーヨーカドー、ヨークマートの各店舗に、自動回収機を入口とした新しいペットボトルの店頭回収・リサイクルシステムを導入すると発表した。 04/16 18:12

前へ戻る   1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告