ホーム > ニュース一覧 > エコその他(7)

エコその他のニュース(ページ 7)

スカイツリー、1995台の照明器具でオールLED化へ 

東武タワースカイツリー、東武鉄道、パナソニック電工の3社は15日、「東京スカイツリー」のライティングを、合計1,995台の照明器具によりオールLED化すると発表した。
06/15 22:01

NEC、環境負荷・電力使用量を一元管理のクラウドサービス「GreenGlobe」

NECは10日、環境負荷に関する情報や企業の電力使用量などを一元管理できるクラウドサービス「GreenGlobe Data Visualizer」「GreenGlobe Energy Viewer」を提供すると発表した。エネルギー、資源の使用量、廃棄物の排出量、電力使用量などを一元管理できる。
06/10 12:40

住友ゴム、タイとインドネシアの子会社「環境報告書2011」を発行

住友ゴム工業のタイのタイヤ製造子会社であるスミトモラバータイランドとインドネシアのタイヤ・ゴルフボール製造子会社のスミラバーインドネシアは、6月に「環境報告書2011」をそれぞれ発行した。
06/07 11:00

トヨタホーム、スマートハウスの販売を開始 PHVやEVを無償で貸与

トヨタホームとトヨタすまいるライフは3日、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証地域」として選ばれている「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」の中心となる実証住宅(スマートハウス)の販売を、6月3日から開始すると発表した。
06/03 18:50

“森林”テーマにした「エコとわざ」コンクールが開催

環境トップランナー企業達が企画し、全国の小・中学生からエコなことわざを募集する「エコとわざ」コンクールが今年も開催される。
05/30 11:00

柏の葉・流山エリアの新しいまちづくりにヤマハ発が電動バイクで協力

ヤマハ発動機は、特定非営利活動法人柏の葉キャンパスシティITコンソーシアムが主体となり進めている新たなマルチ交通シェアリングサービス「柏の葉・流山 いろんな乗り物 街乗り!シェアリング」の社会実験に協力し、6月8日より7月5日までの約1カ月間、同社の電動バイク「EC―03(イーシー ゼロ スリー)」5台を貸し出すことを発表した。
05/27 11:00

「神於山シャープの森」活動に、シャープが大阪府から知事感謝状授与

シャープは、大阪府が生物多様性保全をはじめとする課題解決に向け、企業や各種団体などの参画によって、放置され荒廃した森林の広葉樹林化を推進するため、森林所有者との仲人となり森づくり活動を支援するための制度「アドプトフォレスト制度」の第1号企業としての取り組みが認められ、26日、大阪府より知事感謝状を授与された。
05/27 11:00

富士重工業、国内スバル全特約店・拠点で「エコアクション21」取得

環境に対する意識の高まりによって、あらゆる企業活動を行う中で環境やエコを意識した取り組みが必要とされている。
04/13 11:00

富士通コンポーネント、スマートコンセントを4月より新発売

富士通コンポーネントは、富士通研究所が開発した高分解能小形電力センサー技術を用いた電源タップ「スマートコンセント(FX-5204PS)」の発売を4月より開始する。
03/09 12:00

環境にやさしい浚渫事業とは

日本各地の港湾では、港湾機能の維持ならびに、船舶の大型化、港湾機能の高度化のニーズに対応して、航路の拡幅・増深等の目的で浚渫事業が実施されており、今後も継続される方向にあるという。
03/02 11:00

各社、それぞれのフィールドで環境配慮型製品を開発

ネットワーク機器メーカーのアライドテレシスは、ギガビットイーサネット・スマート・スイッチ「CentreCOMGS948S V2」の出荷を2月23日より開始する。
02/22 12:00

トップにトヨタ、2位にパナソニック 環境対策

MM総研が全国の同社モニター1094人を対象に今年1月28日から2月1日にかけて行った環境対策に関する消費者意識調査で、環境対策に力を入れている企業としてトヨタ自動車がトップに、2位にパナソニック、3位にサントリーが入った。
02/18 11:00

最新のテクノロジーで省エネ化が加速する自動販売機

街で見かける自動販売機の中には省エネ対策としての技術が数多く詰まっているという。
02/14 11:00

積水ハウス、業界初のオリジナル鉄道コンテナを導入

政府が推進する環境負荷軽減対策のひとつ「モーダルシフト」。
01/24 11:00

日立製作所、PCや家電からレアアースをリサイクルする技術を開発

日立製作所がパソコンのHDDやエアコンのコンプレッサーからレアアースを使用したネオジム磁石などを回収し、再利用する技術を開発したことを明らかにした。
12/08 12:12

コンビニエンスストア、エコ対策で生き残り競争

コンビニエンスストア各社は、年中無休・24時間営業と大量の電力を放出しているという社会的責任の観点から、ここ数年、様々な方向性でエコ対策を始めているようだ。
12/08 09:00

最新の環境ビジネスが終結、「エコプロダクツ2010」が開催

2020年までに温暖化効果ガスを25%削減するという政府の高い目標設定に端を発し、エコポイント制度や名古屋でのCOP10開催など、2010年は日本人ひとり一人の環境に対する意識が大きく高まった一年だったと言えるだろう。
12/08 09:00

向上するグリーンエネルギーに対する個々の意識

CO2の排出量による「地球温暖化」、限りある資源への過度な依存により発生する「エネルギー問題」が世界的な規模で問題となり、風力、太陽光、水力、地熱、バイオマスなど自然の力を利用したグリーンエネルギーの重要性が加速度を増している。
12/06 11:00

日本マクドナルドと大阪府がCO2 25%削減の実証事業を開始

日本マクドナルド <2702> は、環境省の「平成21年度チャレンジ25地域づくり事業」の選定地域となった大阪府の共同事業者として2010年7月9日に委託契約締結が完了。
11/24 11:00

一般ゴミをバイオ燃料に変えるプラントにゴーサイン

米国ワシントン州パスコに所在するGreen Power社(GPI)は、一般廃棄物をバイオ燃料に変えるプラントの建設の受注を世界中から受け付けているという。
11/22 18:50

産総研、バイオブタノールの高効率の精製技術を開発

産業技術総合研究所の研究チームが、エタノールと比較して発熱量が大きいことからポストバイオエタノールとして期待があるバイオブタノールの効率が高い精製技術を開発したらしい(プレスリリース)。
11/16 16:01

NTTグループ、2020年度に向けた新たな環境ビジョンを策定

NTTグループ(日本電信電話 <9432> )では、「温暖化防止」、「廃棄物削減」、「紙資源削減」という3つの重点活動項目において2010年度までの目標を設定し、その全ての目標が達成見込みとなるなど、これまでも地球環境保護に関して積極的に取り組んできた。
11/15 11:00

住友林業、スマートハウスのコンセプトモデル住宅を公開

住友林業薬 <1911> は、横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)が「環境技術ショーケース」として取り組んでいる横浜市みなとみらい21地区の「横浜ホームコレクション」において、7日より実施しているYSCPデモンストレーション展示にモデル住宅展示の協力をしており、スマートハウスのコンセプトモデル住宅を公開している。
11/09 11:00

竹中工務店と東京工業大学、CO2排出量の少ないセメント開発中

竹中工務店と東京工業大学は、デイ・シイ、竹本油脂、栗本鉄工所と共同で鉄鋼製造の副産物である高炉スラグを主体とする焼成不要のセメントと、構造体の開発に目途をつけ実用化に向けた研究を進めている。
11/09 11:00

旭硝子、Low-Eガラス製造能力を倍増

旭硝子(以下、AGC) <5201> は、同社の鹿島工場(茨城県神栖市)で現在稼働しているLow-Eガラス製造設備に加え、約30億円を投じて新たに最新鋭コーティング設備を導入し、Low-Eガラス製造能力を倍増すると発表した。
11/02 11:00

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8  次へ進む