ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > セブンイレブン(2)

セブンイレブンのニュース(ページ 2)

コンビニの経営に公取委が警鐘! 本部は独占禁止法の適用を回避できるのか? (3)

公正取引委員会がコンビニの経営者を集めて、「取引環境の改善」を強く求めたのは9月1日だ。
10/11 21:23

「ドコモ口座」から始まった不正利用が拡大、「多すぎる銀行」に吹きすさぶ逆風 (下)

「ドコモ口座」の不正利用問題が、「ドコモ口座」の緩いセキュリティに問題があることは言うまでもない。
09/19 16:59

「優越的地位の乱用」巡り、公取委がコンビニ各社のFC本部に報告を「要請」

19年2月に、東大阪市のセブンイレブン南上小阪店を経営するオーナーの松本実敏さんが、「24時間はもう限界」と声を上げて俄かに注目を集めていたコンビニの営業時間問題に、公正取引委員会がようやく重い腰を上げた。
09/04 18:09

脱プラで大注目の新「ストロー」 伝統技術を活かした素材 地域活性化にも

近頃、ファストフード店やファミリーレストランなどで冷たい飲み物を頼んだときに「あれ?」と感じたことはないだろうか。
08/02 18:12

セブン&アイ、コロナ関連で多額の特損を計上し通期の純利益は前期比26.8%にとどまる

井阪隆一氏:みなさまこんにちは、セブン&アイの井阪でございます。
07/31 20:51

コンビニ大手3社が共同配送の実証実験 8月に都内で 新しい物流の形模索へ

経済産業省は22日、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンスストア大手3社が、8月に東京都の湾岸エリアにおいて共同配送の実証実験を進めることを明らかにした。
07/22 18:22

ファミマ、値引きや学習教材無料提供などで生活応援 新型コロナ対策で

コンビニエンスストア大手のファミリーマート(東京都港区)は24日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策で外出を自粛するなどして不便を強いられている人たちを支援しようと、食料品などを通常よりも安い価格で販売する生活支援策を25日から実施すると発表した。
03/25 17:25

京都「伊藤久右衛門」監修・宇治抹茶スイーツ、全国のセブンで

京都・宇治茶の老舗「伊藤久右衛門」監修の宇治抹茶スイーツが、全国のセブン-イレブンで2020年3月17日(火)より順次発売する。
03/19 19:05

三菱UFJ、コンビニATM手数料に変動制導入 25日や月末の日中は無料に

三菱UFJ銀行は、5月1日より同行の預金者がコンビニのATM(現金自動受払機)を利用するさいの手数料を変動制にする。
01/29 17:47

経産省など、庁舎内コンビニでレジ袋削減に向けた実証実験

経済産業省は27日より、同省と特許庁、財務省、外務省の庁舎内にあるコンビニ店舗で、レジ袋削減に向けた実証実験に取り組む。
01/27 14:00

訪日外国人客が好きなコンビニ、台湾人はローソン、ベトナム人はファミマ

アジアで日本好きのためのコミュニティサイト「FUN!JAPAN」を運営するファンジャパンコミュニケーションズが、台湾やベトナムなどアジア7つの国と地域で日本の好きなコンビニエンスストアについて調べたところ、台湾人はローソン、ベトナム人はファミリーマートだったことが分かった。
01/19 07:20

セブンイレブンが東大阪・南上小坂店との加盟店契約を解除! これからどうなる? (下)

コンビニが年末年始の営業を見直す動きは競合他社で鮮明になり、ローソンでは12月31日から1月2日にかけて全国のFC加盟店合計102店が、日時は店舗によって異なる休業実験を実施すると公表していた。
01/08 21:00

セブンイレブンが東大阪・南上小坂店との加盟店契約を解除! これからどうなる? (上)

セブン-イレブン・ジャパン(セブン)は、大阪の南上小阪店を経営する松本実敏オーナーに対して、「顧客からの苦情が多いので、状況によっては加盟店契約を解除する」と通告していた。
01/08 18:29

小田急、顧客提供価値の向上により成長を目指す

小田急電鉄は23日、小田急グループのUDSが、宿泊施設「ONSEN RYOKAN 由縁 札幌」を2020年7月に開業すると発表した。
12/31 08:08

セブンイレブンに年末年始休業を嘆願、コンビニ加盟店団体

コンビニエンスストアの店主らで組織するコンビニ加盟店ユニオンの酒井孝典執行委員長らは24日、東京都内のセブン-イレブン・ジャパンを訪ね、年末年始の休業を求める嘆願書を手渡した。
12/26 17:33

セブンイレブンで続発する”失態” コンビニ業界の盟主に何が起きているのか?

セブン-イレブン・ジャパン(セブン)は加盟店のアルバイトやパートに対する労務費の、一部未払いがあったことを発表した。
12/20 21:33

UCC、茶・白・赤の3色の組み合わせを商標登録

UCC上島珈琲が、同社の缶コーヒーに使われている「茶・白・赤」の3色の組み合わせについて「色彩のみからなる商標」として登録されたと発表した。
12/17 18:23

セブンイレブン、計算式のミスで加盟店従業員の賃金一部未払いが発生

コンビニチェーン大手のセブン−イレブンで、賃金計算プログラムのミスによる一部賃金未払いが発生していたという。
12/11 17:10

コンビニのカラクリ(3) おでんの手間は並みじゃないのに、煮込んだ頃には廃棄が迫る!

何とかやっているというコンビニのオーナーにとって、契約から15年前後に到来する契約更改が頭から離れない筈だ。
11/27 08:25

コンビニのカラクリ(2) 加盟店の”涙の廃棄処分”も、ロイヤリティ算出のもとに

全ての加盟店で1日に1万円の廃棄処分が出た場合、個々のオーナーにとっては9000円のロスとなるが、本部にとっては1店舗1000円のロイヤリティが生まれ、合計2万店舗分で2000万円の収入となる。
11/22 17:17

コンビニのカラクリ(1) 加盟店の経営効率とは無縁な本部

1975年にセブン-イレブン(セブン)が始めたとされる24時間営業は、加盟店にとっては客足が落ち着く深夜時間帯に,効率的な商品の陳列と清掃作業が出来るメリットがあり、1日中フル稼働できる弁当等の製造工場にとっても、最小の設備投資で最大の効率を生み出す成功したビジネスモデルだと喧伝されて来た。
11/22 09:13

コンビニに迫る働き方改革の波

コンビニエンスストア大手のファミリーマートは、来年3月から加盟店に時短営業を認める方針を打ち出した。
11/18 13:39

セブンイレブン、東京・麹町で次世代店舗の実証実験 12月から

セブン-イレブン・ジャパンは25日、東京都千代田区二番町の「セブン-イレブン麹町駅前店」について、12月より、コンビニエンスストアが抱えるさまざまな課題を解決する次世代店舗としてリニューアルオープンし、実証実験に入ることを明らかにした。
10/27 21:41

セブンイレブン、24時間営業を転換 深夜休業の指針策定

セブン-イレブン・ジャパンはこれまでこだわり続けてきた24時間営業の方針を撤回し、深夜休業するかどうかについて加盟店オーナーの意向に委ねることを決めた。
10/24 15:16

セブンイレブンFC店への優遇策が意味するもの! (2) 24時間営業へつなぎとめる「まき餌」なのか?

セブン&アイHDがFC店への優遇策を発表した10月は、都道府県別の最低賃金が順次引き上げされ、全国の加重平均で874円から901円へと27円の引き上げとなった月でもある。
10/18 17:50

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む