1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > リコール(回収・無償修理)(2)

リコール(回収・無償修理)のニュース(ページ 2)一覧

SUBARU、2Qは減収減益 販売台数の減少と品質関連費用の増加が影響

岡田稔明氏:改めましてCFOの岡田でございます。 01/10 22:40

株式会社SUBARUは、12月20日レガシイ、インプレッサなど米国仕様車7車種が米国の道路安全保険協会によって行われた2019年安全性評価において、「トップセイフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。 12/30 21:17

(c) 123rf

日産自動車は12月7日、新たな不正が見つかったと発表した。 12/25 06:36

(c) 123rf

日産自動車は、また不適切な完成検査を行っていたため、15万台のリコールをかけている。 12/25 06:16

(c) 123rf

最大の問題は、スバルがディーラーを含めて、組織として「問題を掌握し対策する能力があるのか?」と疑問符が付くことである。 11/18 17:36

(c) 123rf

11月14日、スバルは国土交通省から勧告を受けることとなった。 11/18 10:35

完成車検査の不正問題は、無資格者が有資格者の名前で検査するという無資格検査が発覚して始まった。 11/16 10:46

(c) 123rf

SUBARU(スバル)の迷走が1年を超えた。 11/16 08:01

ドイツ・ミュンヘンのBMW本社。(c) 123rf

幾度か簡単に紹介してきたが、私も自分が所有していたBMW・850で「エンスト」の不良に悩まされたことがある。 09/24 17:55

BMWのドイツ・ミュンヘン本社。(c) 123rf

まず、自動車火災について、日本では年間4,000件余り起きており、原因は多種に渡っている。 09/24 17:44

まず、日産・新型リーフが出た当初、日産ディーラー営業マン・お客様相談室での説明では、「回生ブレーキだけで停止している」との誤った説明がなされており、知識の教育を進めるべきである。 09/01 22:03

(c) 123rf

韓国で39台のBMWが燃えた。 08/17 20:36

この状態では、ブレーキ系統に「エアー」が入ってブレーキの利き具合がおかしいと気づくのは難しいかもしれない。 06/18 20:38

前は:【ディーラーの整備は機能しているのか?(1)】ホンダ・リコールの裏にある危険な問題点 ■ユーザー(ドライバー)の無知・無関心が背景 要するに、今回のホンダ・リコールの内容は、製造からしばらくするとパッキンの劣化が進んで、ブレーキオイルが漏れだしてしまうのだ。 06/18 17:31

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告