再配達のニュース(ページ 2)一覧

国土交通省は住民が不在でも荷物を受け取ることができるよう、宅配ボックス設置の規制を緩和する方針を固めた。再配達率を下げ、ドライバーの負担軽減や環境問題対策ともなる。

国土交通省は住民が不在でも荷物を受け取ることができるよう、宅配ボックス設置の規制を緩和する方針を固めた。 09/12 11:18

「宅配ロッカー(写真:ドンキホーテHDの発表資料より)」

ドンキホーテHDは9日、既存の店舗を活用した「宅配ロッカー」と「フリースペース」を提供する新しいサービスを、「MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店」(千葉県山成市)で試験的に開始した。 07/10 07:40

宅配ロッカーを巡る動きが大きくなってきた。 06/01 06:32

アプリ使用のイメージ。(画像:UKETORU発表資料より)

ウケトル社の再配達問題解決アプリ「ウケトル」が、6月1日から「ORBISアプリ」と連携する。 05/24 21:49

宅配業界で宅配担当者の過剰な負荷や人手不足が問題となっているが、日本郵便は「ゆうパック」において再配達依頼なしでの再配達を取りやめるという。 03/19 23:20

楽天のロゴ。

楽天は、インターネットショッピングモール「楽天市場」の商品を、全国約2万局の郵便局を指定し、そこで受け取ることのできるサービスを1月29日から開始した。 02/02 11:42

【大前研一「企業の稼ぐ力を高める論点」】賃金を上げて潰れる企業は需給バランスが取れていない。労働力不足を解決する方法

【連載第5回】今、日本企業の「稼ぐ力」が大幅に低下しています。 11/13 19:03

(画像: ユニクロの発表資料より)

ユニクロは同社のオンラインストアにて、9月20日から、チャットボットによるショッピングコンシェルジュサービス「UNIQLO IQ」の試験運用を始める。 09/13 20:50

労働環境が悪く、配達員に負担がかかっていることが世間に認知されたことで、消費者側でも再配達を失くすよう務める、あるいは配達員にねぎらいの声かけをするようになるなど意識の変化があるようだ。

宅配業界においては慢性的な人手不足とアマゾンといった通販事業の需要が増加しているなかで、再配達による長時間労働など課題も山積しているのは報道のとおりだ。 09/12 07:26

国土交通省は2016年度の宅配便取扱個数の実績が7.3%増加であったことを発表。年間40億個以上の荷物を捌かなければ行けない状況で、業界のあり方を考え直すターニングポイントに差し掛かっているのかもしれない。

国土交通省は2016年度の宅配便取扱個数が40億1861万個で、前年度と比較して7.3%の増加となったことを発表した。 08/14 21:40

ネットショッピングの普及に伴い、宅配便の数は急増しており物流現場の労働負荷が高まっている。特にAmazonやスマホが普及してきたあたりから加速度的にユーザ側の購入の障壁が下がっている。宅配ボックスは非常にシンプルなシステムだが、“同時性の解消”という点で配送業者・利用者双方のコスト削減に期待したい。

ネットショッピングの普及に伴い宅配便の数は急増しており、物流現場の労働負荷が高まっている。 07/13 08:29

配送における課題の解決にブロックチェーンが活用され始めている。 06/22 08:26

利用のイメージ。(ローソンの発表資料より)

ローソンは20日、全国の店舗で日本郵便の新サービス「e発送サービス」の取扱いを開始した。 06/20 16:37

実証実験の結果(パナソニックの発表資料より)

パナソニックは8日、福井県あわら市で行った「宅配ボックス実証実験」の最終結果報告を発表した。 06/08 21:02

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む

広告

広告