1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > プラグインハイブリッド(5)

プラグインハイブリッドのニュース(ページ 5)一覧

2015年までに12機種の電気自動車発売を掲げるアウディ、初の電動モデルSUV「Audi e-tron」を米サンフランシスコでワールドプレミアした

2018年9月18日、アウディは米サンフランシスコで電動車「Audi e-tron」を世界初公開した。 09/19 23:19

北海道胆振地方を震源とする震度7の地震では、苫東厚真火力発電所が緊急停止した。 09/10 17:31

中国の自動車販売は2005年当時に日本に肩を並べる580万台程度だったが、2009年に1360万台、2018年は3000万台に達すると言われる。写真は北京五輪前の2005年、高度成長期に入った中国・上海

国内自動車各社が、中国市場におけるシェア拡大を目指して、大規模投資を加速させる。 08/26 21:47

「アウトランダーPHEV」(画像: 三菱自動車工業)

三菱自動車は、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」のプラグインハイブリッドEVシステムを大幅に進化させ、よりEVらしさを増したSUVとして、8月23日から全国にて販売を開始した。 08/24 08:58

CLARITY PHEV。(画像:本田技研工業発表資料より)

本田技研工業(ホンダ)は、CLARITY(クラリティ)シリーズの新型のプラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV(クラリティピーエイチイーブイ)」を、7月20日から新たに発売した。 07/20 21:06

富士経済がHV・PHV・EVの世界市場調査結果を発表。2017年のHV・PHV・EV市場は324万台で前年比124.6%増の高い伸び。35年の予測では、PHVを欧州、中国がけん引し拡大。EVでは中国の注力により拡大と予測。

アジア地域の新興国をはじめとして世界経済は現在、めまぐるしい成長を遂げている。 06/24 20:48

「クラリティPHEV(クラリティ プラグイン ハイブリッド)」(画像: Honda)

ホンダはFCV(燃料電池車)でスタートしたクラリティから、最新のPHEV仕様を発売した。 06/13 21:32

東京商工リサーチが自動車部品関連メーカー業績動向調査結果を公表。売上高は前期比1.5%増加で堅調。利益は6.1%の減益。中小企業の利益は前期比18.3%増と好調、大企業は同9.4%減と苦戦

財務省の貿易統計3月分を見ると、引き続き輸送用機械・自動車の輸出は堅調だ。 06/08 10:51

SUBARU XV(米国仕様)(SUBARUの発表資料より)

北米スバルが、スバル XV(アメリカ名クロストレック)にプラグインハイブリッド(PHV)車を追加すると5月11日に発表。 06/07 16:51

国際的にもピュアな量産型電気自動車となった日産リーフ、写真は2代目たる現行モデル。エンジンルームならぬボンネット下には、モーターやパワーコントロールユニット、充電システムなどが収まっている

米国に端を発した「ZEV(Zero Emission Vehicle)規制」問題。 05/27 23:11

4月25日に開幕した北京モーターショーで初公開した2019年から中国で発売予定の「カローラ・プラグインハイブリッド」、電気だけで走るEVモードの走行距離は50km以上だ

トヨタ自動車は、2019年に「カローラ」および「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)を、また2020年には「C-HR/IZOA」ベースの電気自動車(EV)を、それぞれ中国市場に導入すると発表した。 04/26 23:51

新型フォレスター。(画像: SUBARUの発表資料より)

SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を使用したサスペンションセッティングについては、インプレッサ、XVなどで示されているように、かなりの水準にあるだろう。 04/25 22:52

中国は、桁外れの世界最大の自動車市場となっている。 04/23 09:23

2025年を見据えたロームのSiCパワーデバイス事業戦略を発表する同社専務取締役の東克己氏。新棟建設を含め2025年までのSiC関連投資額は累計600億円に達する予定。

京都の電子部品メーカー「ローム/ROHM」が、SiCパワー半導体に積極投資。 04/16 13:43

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告