火星のニュース(ページ 2)

イーロン・マスク氏が見抜けなかった「製造の本質」 (4) 「衣・食・住」はソフトでなく「物」

現在では、機械製品であっても制御ソフトの比重が高まり、自動車産業においても、VWの経営者のようにソフト産業であると認識する経営者もいる。
12/23 08:50

火星で塩水が存在する可能性高い場所示すマップ 米アーカンソー大学が作成

米アーカンソー大学は10日、火星での塩水の存在形態に関する研究成果の概要を公開した。
12/11 08:53

NASA、火星に向かうPerseverance搭載のマイクで録音した音声を公開

火星探査車Perseveranceが火星に向かう途中で録音した音声をNASAが公開している。
11/24 09:19

44億年前の火星に水が存在していた可能性 東大らの研究

数年前にサハラ砂漠で発見された、火星から飛来した隕石の分析により、火星に今から44億年前、水が存在していたことが明らかになった。
11/04 08:47

NASA、宇宙の不吉なサウンドを集めたプレイリストを公開

NASAがハロウィンにちなみ、宇宙の不吉なサウンドを集めたプレイリスト「Sinister Sounds of Space」を公開している。
10/31 15:34

火星探査機InSightの小型杭打ち装置、見えなくなる深さまで地中にもぐる

NASAの火星探査機InSightは火星着陸から2年近くにわたって地熱測定装置Heat Flow and Physical Properties Package(HP3)のプローブ打ち込みを試みているが、ようやくHP3の小型杭打ち装置(mole)が見えなくなる深さまで地中に進んだそうだ。
10/17 18:58

欧州宇宙機関、世界初の火星サンプルリターン計画の開発にエアバスを指名

2020年7月30日、アメリカの火星探査プロジェクト「MARS2020」による火星ローバー「パーサヴィアランス」が打ち上げられ、2021年2月18日の火星着陸を目指している。
10/16 16:48

日米英など8カ国、将来の宇宙活動の基本原則定めた「アルテミス合意」に署名

日本や米国、英国など8か国は14日、月や火星などの宇宙探査や宇宙利用に関する新たな基本原則を定めた「アルテミス合意 (Artemis Accord)」に署名した。
10/16 08:40

NASA、火星探査車Perseveranceの打上げに成功

NASAとUnited Launch Alliance(ULA)は7月30日、火星探査機「Perseverance」を載せて火星へ向かう宇宙機「Mars 2020」の打ち上げミッションをケープカナベラル空軍基地LC41で実施した。
08/01 19:21

三菱H-IIAロケット42号機打ち上げ成功 (1) 衛星はUAEの火星探査機「HOPE」

7月20日午前6時58分、鹿児島県・種子島宇宙センターからH-IIAロケット42号機で打ち上げられた。
07/29 19:40

UAEの火星探査機「HOPE」搭載したH-IIAロケット、打ち上げに成功

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの政府宇宙機関であるMBRSCの火星探査機「HOPE」を搭載したH-IIAロケットが20日、種子島宇宙センターからの打ち上げに成功した。
07/23 12:04

H-IIAロケットがUAEの火星探査機「HOPE」の打ち上げに成功

三菱重工業は20日朝、H-IIAロケット42号機でアラブ首長国連邦 (UAE) より受注した火星探査機「HOPE」(アル・アマル)を打ち上げた(NHKの記事, 朝日新聞の記事, Soraeの記事)。
07/20 20:09

NASA、惑星探査での汚染防ぐガイドライン更新 有人探査に向け現実的な方向に

NASAは月と火星探査に備えて、そうした汚染がどれくらいなら許容できるか、というガイドラインを更新した。
07/15 19:05

火星でヘリコプターを飛ばす瞬間が近づいている

NASAは7月20日に打ち上げられる予定の火星ミッションで、地表に実験用のヘリコプターを降ろすことを計画している。
06/29 18:45

ISSのトイレが秋に大幅アップデート 有人火星探査船用の試験も兼ねる

今年後半、国際宇宙ステーション(ISS)のトイレが大幅にアップデートされるそうだ。
06/18 19:47

太陽系誕生初期の小惑星や隕石衝突が生命誕生のきっかけか 東北大の研究

6月8日にイギリスのScientific Reports誌で、東北大学の研究者による地球生命の誕生に関する研究論文が投稿された。
06/10 06:35

火星誕生の謎に迫る 火星コア物質を音速で測定 東工大の研究

東京工業大学は8日、火星のコアの組成であると考えられている物質に関して、超高温高圧状況下で、音速の測定に世界で初めて成功したと発表した。
06/09 07:07

火星探査機InSight、スコップで小型杭打ち装置叩き地中へ押し込むことに成功

NASAの火星探査機InSightでは地熱測定装置Heat Flow and Physical Properties Package(HP3)のプローブ打ち込み作業が1年以上にわたって難航しているが、HP3の一部である小型杭打ち装置(「mole」と呼ばれている)を地中に押し込むところまでは成功したそうだ(NASA InSightのツイート、 DLR BLOGの記事、 The Registerの記事)。
06/07 21:58

火星の衛星、公転軌道の傾きはかつて存在した環が原因か 米研究機関

フォボスとダイモスという火星の2つの衛星は、1877年に発見された。
06/05 19:59

火星に人類が居住できる可能性は 米研究所による研究

米国サウスウェスト研究所は、火星の大気をモデル化し、人類の居住可能性を探る研究を行った。
05/12 14:26

NASA、火星ヘリコプターの名前を「Ingenuity」に決定

NASAは4月29日、火星での動力飛行デモを計画しているヘリコプターの正式な名前が「Ingenuity」に決まったことを発表した。
05/05 19:44

かつて存在した火星の磁場の詳細を明らかに ブリティッシュコロンビア大の研究

火星は以前から、地球以外で生命の存在が期待される最有力候補であったが、火星表面での生命の存在については絶望視している科学者も多い。
05/05 08:13

中国初の火星探査計画「天問1号」、2020年打ち上げへ

4月24日、中国初の火星探査計画についての発表が、中国国家宇宙局(CNSA)からなされた。
04/30 12:26

注目のアトラス彗星 火星付近を通過 既に分裂し今後は崩壊か

昨年末に発見されたアトラス彗星はごく短期間の間に光度を増してきたことから、ヘール・ボップ彗星以来の誰でも肉眼ではっきりと存在が確認ができるほどの明るい大彗星となることが期待されていた。
04/15 07:50

火星で「エイリアントカゲ」発見?

読者の皆さんはUFOハンターと呼ばれる人たちをご存知だろうか?NASAのような研究機関が公表している様々な天体に関する写真や動画を食い入るように注視し、その中にエイリアンや地球外生命体、あるいは自然にできたとは考えられないような構造物の存在を見いだそうと、日夜努力しているのがUFOハンターなのである。
04/09 08:04

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む