1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 本田技研工業(1)

本田技研工業のニュース一覧

「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)

ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は、小型ジェット機カテゴリーにおいて、「ホンダジェット」の販売台数が、2017年と2018年に続き、2019年上半期(1月~6月)も世界トップになったと発表した。 08/20 17:41

(c) 123rf

気になるところでは、マツダが大幅に減益となっていることだ。 08/20 07:44

(c) 123rf

自動車大手の2019年4~6月期連結決算が出そろったが、それは苦悩に満ちたものだった。 08/20 07:22

ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)

最近の軽四輪自動車は、コンパクトカーを必要としないほど出来が良い。 08/19 18:58

ホンダは、「プレチャンバー(副燃焼室)方式で、超希薄燃焼(スーパーリーンバーン)を実現。 08/19 10:07

3年連続で小型ジェット機カテゴリーにおいて最多デリバリー達成も期待できる最新型「Honda Jet Elite」

ホンダの航空機事業子会社であるホンダ・エアクラフト・カンパニー(Honda Aircraft Company/HACI)は、「Honda Jet」の2019年上半期(1月~6月)のデリバリー数が17機となり、小型ジェット機カテゴリーにおいて、2017年と2018年に続きGeneral Aviation Manufacturers Association(GAMA)調べで、世界第1位を達成したと発表した。 08/19 08:14

マイナーチェンジしたホンダ・シャトル。(画像: 本田技研工業の発表資料より)

ホンダ・シャトルが、5月にマイナーチェンジして新型となった。 08/15 17:01

日本でもラストベルト(Rust Belt)が広がるのか?AIによる失業の前に、工場海外移転による「産業の空洞化」が進んでいる。 08/15 08:40

新型ホンダ・N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)

クルマの「予防安全」と言えば、現代では運転支援システム、スキッドコントロールなどの事故を起こさないための装置を指すようだ。 08/14 11:20

スープラの復活は、2019年上半期における自動車業界最大のトレンドであろう (画像:トヨタ自動車の発表資料より)

スープラやNSXなど、かつてカーマニアを熱狂させたスポーツカーが、近年相次いで復活している。 08/13 08:40

HondaJet Eliteは昨年5月に発表した最新鋭機。米国、欧州、メキシコ、ブラジル、インド、日本、およびカナダで型式証明を取得しており、今回新たに中国で型式証明を取得した

ホンダの航空機事業会社、ホンダ・エアクラフトカンパニー(Honda Aircraft Company /HACI)は、HondaJetの最新型である「HondaJet Elite」の中国における型式証明を現地時間の8月5日に取得したと発表した。 08/08 12:48

ホンダ・新型アコード(海外仕様)(画像: 本田技研工業の発表資料より)

初代アコードの登場は1976年。ハッチバックスタイルの大衆車としての登場であったと記憶している。 08/08 09:03

自動車メーカー各社はコネクティッドカーの開発に力を入れている。 08/05 19:47

新型アコード(海外仕様車)。(画像:ホンダ発表資料より)

ホンダのACCORD(アコード)は、2020年に日本でのフルモデルチェンジを予定している。 08/04 16:41

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告