1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > ドローン(2)

ドローンのニュース(ページ 2)一覧

スマート営農ソリューションのイメージ(画像: 発表資料より)

NTTグループ、ふくしま未来農業協同組合、エンルートおよび日本農薬は18日、準天頂衛星みちびきを活用したスマート農業の実証実験を行うと発表した。 04/20 11:11

SBエナジーは9日、米国の気象予報会社 ClimaCellへの出資契約を締結し、同社に700万ドル(約7億7000万円)を出資したと発表した。 04/10 07:57

センシンドローンハブ(画像: センシンロボティクス発表使用より)

センシンロボティクスは8日、無人かつ完全自動で運用できるドローンシステム「センシンドローンハブ(SENSYN DRONE HUB)」による建設現場の安全確認・警備監視業務の実証試験を行い、その有効性を確認したと発表。 04/08 21:37

画像はイメージです。

やはり、兵器の分野でAIの自立型判断が問題になってきた。 03/19 15:26

業界初の電力損失ゼロを達成した小型非接触電流センサ「BM14270MUV-LB」を用いたデモ機。ロームは MI素子を採用することで、これまでのホール素子による電流センサの課題を一気に解決した

近年、日常生活からビジネスに至るまで、我々の生活のあらゆる場面で電子化、電力化が進んでいる。 03/17 21:44

ビズリーチが運営する転職サイト「ビズリーチ」上で、経済産業省主導の「空飛ぶクルマ」プロジェクトメンバーを公募している。 03/15 11:12

ドローンを使った点検作業のイメージ(NTT西日本の発表資料より)

NTT西日本(大阪市中央区)は12日、ドローンを使って橋梁や鉄塔、発電設備などの点検を行う新会社「ジャパン・インフラ・ウェイマーク」を4月1日に設立し、営業を開始すると発表した。 03/14 10:59

300℃耐火型ドローン、QC730FP。(画像:新エネルギー・産業技術総合開発機構発表資料より)

火災現場に入り込み、上空5~10メートルという至近距離からの空撮を可能とする耐火型ドローンが開発された。 03/11 17:10

例えば、AI攻撃型ドローンの開発は、米中がしのぎを削る分野だ。 03/07 09:31

ドローンが人に衝突することによる死亡事故が全国で3件発生していたという。 02/13 09:34

次世代物流システム・サービス市場の推移。(国内市場と日系メーカーの海外実績の合計)(画像: 富士経済の発表資料より)

富士経済は28日、ドローンや宅配ボックスを活用した次世代物流システム・物流サービス市場の調査結果を発表した。 02/01 09:37

ニューアーク・リバティー国際空港で22日、上空からのドローン目撃情報による遅延が発生したそうだ。 01/27 22:18

コンクリート建造物の老朽化は大問題になっている。 01/26 20:04

米カリフォルニア・ウィルソン山の山頂には、1949年まで世界最大の開口望遠鏡だったフッカー望遠鏡が存在していた。 01/26 12:40

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告