1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 防衛省(2)

防衛省のニュース(ページ 2)一覧

川崎重工業、3Qは増収減益 宇宙航空事業での新型エンジン開発費の償却負担増が営業益を押し下げ

富田健司氏:みなさん、こんにちは、富田です。 02/06 23:09

防衛省が陸上・海上・航空自衛隊を一元的に指揮する「統合作戦室」(仮称)を設置する方針とのこと(産経新聞、共同通信、ロイター、日経新聞)。 12/12 09:34

防衛省・自衛隊は28日付「お知らせ」において『内閣総理大臣のG20ブエノスアイレス・サミット出席、ウルグアイ及びパラグアイ訪問に当たり、平成30年11月29日(木)から12月4日(火)までの間、政府専用機の運航を実施します』と発表した。 11/29 09:26

川崎重工業、2Q経常益はマイナス149億円の大幅減 利益の通期予想も下方修正

富田健司氏:みなさん、こんにちは、富田です。 11/07 23:01

防衛省が、女性自衛官を海上自衛隊の潜水艦の乗組員として登用する方針を固めたそうだ。 09/03 22:52

「宇宙軍は、2020年までに作る予定だ」とドナルド・トランプ米大統領は、以前からいっていたが、ジム・ブリデンスティン米航空宇宙局(NASA)長官は8月26日、米保守系紙ワシントン・エグザミナーのインタビューで「宇宙軍は、これからのアメリカに必要不可欠だ」と証言した。 09/02 20:56

防衛省は23日、沖縄の基地負担軽減の一環で、9月に予定している日米共同訓練を北海道で行うと発表した。 08/26 13:00

SUBARU BELL 412EPX。(画像:SUBARU発表資料より)

SUBARUは、民間型最新ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」の開発において、アメリカのベル・ヘリコプター・テキストロン社と協業すると発表した。 07/18 08:07

IHIが6月29日、防衛装備庁に戦闘機用エンジンの試作品を納入したそうだ(防衛省の発表PDF、IHIの発表)。 07/04 10:38

米国・マティス国防長官は29日、小野寺五典防衛大臣との会談後に、共同記者会見し、米韓合同軍事演習を中止することになったのは米朝首脳会談での合意の実効へ米国外交官の交渉を後押しするためである旨を語った。 07/01 23:58

小野寺五典防衛大臣は19日の記者会見で、陸上型弾道ミサイル迎撃システム「イージスアショア」の秋田県と山口県への設置に向け、地元の理解と協力、地元住民らが懸念している課題の払拭へ自らも両県を早期に訪ねたいとし、調整中だとした。 06/21 08:58

小野寺五典防衛大臣は5日の記者会見で米空軍が米朝会議を前にF22ステルス戦闘機を嘉手納基地に暫定配備したことへの受け止めを記者団に聞かれ「米側からF22戦闘機14機が5月30日から約1ヶ月間、暫定展開する旨の連絡があり、30日までに10機が飛来していることを確認している。 06/06 11:04

F2戦闘機。

「平成の零戦」とも呼ばれ、2000年から日本の空を守ってきたF-2戦闘機。 05/28 11:31

F2戦闘機 (c) 123rf

防衛省はF2戦闘機の後継機国産化を断念した。 03/23 17:53

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告