エイダコイン,解説
(画像=マネーリード編集部)

数ある暗号資産(仮想通貨)の中で、ここ数年話題になっている通貨の一つがADAコイン(エイダコイン/カルダノ)です。オンラインカジノで使用するイメージの強い暗号資産ですが、そのほかにも用途が拡大しています。一方で、「よくわからないし、詐欺のうわさもあったので怪しいのでは?」という声があるのも事実です。

この記事では、ADAコインがどんなコインかを改めて紹介するとともに、プロジェクトの詳細から今後どのような暗号資産になっていくのかを予想します。

目次

  1. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)とは何か?
    1. ADAコインが怪しいと思われた原因
  2. ADAコインの特徴
    1. スマートコントラクトの実装
    2. 独自アルゴリズムである「ウロボロス計画」
    3. 2つの専用ウォレット
    4. 処理を高速化する複数レイヤー構造
    5. セカンドレイヤーソリューション「Hydra」
  3. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の現在の価格変動
  4. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の価格が上昇するポイント
    1. 技術開発の進捗が順調である
    2. 著名人であるGene Simmons氏(KISS)が大量購入
    3. 日本での人気が高い
  5. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の将来の見通し予想
    1. ADAコインが広まる
    2. 大企業や大学との提携
    3. 世界レベルでの高い認知度と信用性
  6. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の今後の価格予想
    1. ADAコインの日本の暗号資産取引所への上場
    2. ADAコインPay(エイダペイ)の導入店舗数の増加
    3. ブロックチェーン技術を用いた真贋判定機能
  7. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の取引ができる取引所
    1. 国内では取引できる取引所はBITPOINT
    2. 海外では取引できる取引所はBINANCEなどがある
  8. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の取引のやり方
    1. 公式ページから申し込みをする
    2. 個人情報の登録と本人確認書類を提出する
    3. 口座開設が完了したら暗号資産を購入する
  9. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の今後の見通しまとめ
    1. エイダコインを取り扱っている他の取引所はある?
  10. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)に関するQ&A
    1. エイダコイン(ADAコイン/Cardano)とは何か?
    2. 国内でエイダコインを取扱を行っているのは取引所はBITPOINTのみ?
    3. どのような人にBITPOINOTはオススメ?

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)とは何か?

ADAコインは「Cardano」と呼ばれるブロックチェーン技術を活用した暗号資産です。ネット上には、「怪しい通貨なのでは?」とさまざまな噂があります。評判なども含め、ADAコインについて詳しく解説していきます。

ADAの市場概要
時価総額 4,663,186,801,047円(2021年8月2日時点)
出来高 190,296,103,188円(2021年8月2日時点)
発行時期 2017年9月

エイダは、イーサリアムの創設者の一人でもあるチャールズ・ホスキンソン氏が生み出した独自のブロックチェーンを持つ暗号資産です。分散型の価値保有・価値移転の台帳データ記録者への、対価として発行される暗号資産です。

引用元:ビットポイント

ADAコインが怪しいと思われた原因

ADAコインは、オンラインカジノに使われる暗号資産ということもあり、怪しいと言われることがあります。また、他にも以下のような理由から不安を感じる声が聞かれます。

怪しいと言われた理由まとめ

  • 情報商材屋が紹介した
  • アフィリエイターが過剰な表現で集客した
  • 公開予定から半年以上遅れて公開された
  • プレセールの購入単価の設定と日本でのみの先行販売された
  • MLMのプロモーション方法が悪かった
  • ADAを宣伝する企業がバーチャルオフィスを使っていた

情報商材屋が紹介した

まず、著名な情報商材屋がADAコインを宣伝したということで、「ADAコインは怪しいのでは?」といわれる発端になりました。この情報商材屋は、別案件で訴訟を起こされた経緯もあり、ADAコインも詐欺なのではと考える人も増えたのでしょう。

アフィリエイターが過剰な表現で集客

多くのアフィリエイターによって過剰宣伝されたことも怪しさにつながっています。「絶対に儲かる」「元本保証」など嘘の宣伝文句もありました。もちろんADAコインの発行元との関係性はありませんが、アフィリエイターが過剰な宣伝を行えば、ADAコインそのものが怪しいと思われても仕方ないでしょう。

公開予定から半年以上遅れて公開

ADAコインは公開予定から半年以上も遅れて発表されたため、投資家を不安にさせました。事前に公表していた予定と大幅にずれることは、当然怪しいと言われるきっかけになります。

プレセールの購入単価の設定と日本でのみの先行販売

ADAコインは、最低単価が1000ドル(日本円に換算して11万円程度)という大変高額な設定でした。プレセール終了後に売上を持ち逃げするといった詐欺コインが多かったので、ADAコインも疑いの目を向けられました。

MLMのプロモーション方法

ADAコインは日本での知名度拡散にMLMを活用していました。MLMはマルチレベルマーケティングの略で、いわゆるマルチ商法といったものです。違法とはいいきれないものの、決して印象は良くありません。

マルチ商法で売り込むために、なかには詐欺まがいの売り方をする人もいたかもしれません。これも、ADAコインが怪しまれる原因の一つでしょう。

ADAを宣伝する企業がバーチャルオフィスを使っていた

ADAコインの発行元はバーチャルオフィスではありませんが、ADAコインを宣伝していた企業などがバーチャルオフィス(住所のみが存在する仮想の事務所)を使用していました。その結果、ADAコインにバーチャルオフィスのイメージが付きまとうことになりました。

暗号資産(仮想通貨)をめぐるトラブルが増加していることもあり、消費者庁が金融庁、警察庁と連盟で消費者へ注意喚起を行っております。

インターネットを通じて電子的に取引される、いわゆる「暗号資産(仮想通貨)」をめぐるトラブルが増加しています。また、暗号資産(仮想通貨)の交換と関連付けて投資を持ち掛け、トラブルとなるケースが増えています。 これに関連し、消費者庁では金融庁、警察庁と連名で消費者の皆様に気を付けていただきたい点について、注意喚起を行っています。

引用元:消費者庁

ADAコインの特徴

次にADAコインの特徴について解説していきます。

ADAコインの特徴

  • スマートコントラクトの実装
  • 独自アルゴリズムである「ウロボロス計画」

スマートコントラクトの実装

ADAコインはスマートコントラクトという技術が活用された暗号資産です。スマートコントラクトとは、ブロックチェーンシステム上の概念で、あらかじめ設定されたルールに従ってブロックチェーン上の取引やその他の情報に基づいて自動的に実行されるプログラムを指します。

スマートコントラクトは暗号資産に限定されたプログラムではありませんが、暗号資産で積極的に使われている技術です。ADAコイン以外では、イーサリアムでも活用されている技術として有名です。

スマートコントラクトを用いることで取引の透明性が担保され、第三者の介入による不正取引を防止できます。また、ADAコインのスマートコントラクトはイーサリアムよりもセキュリティ性能が高いPlutus(プルータス)という独自の技術を使っています。このPlutusによってイーサリアムよりも、ADAコインはセーフティで、機能性のある暗号資産になると期待されています。

Plutusはスマートコントラクトによって契約をオートメーション化するにとどまらず、個人情報の記録も行います。

独自アルゴリズムである「ウロボロス計画」

ADAコインには「ウロボロス計画」が発表されており、この計画によって大型アップデートが予定されています。ウロボロス計画の具体的な内容としては、ADAコインのコンセンサスアルゴリズムのPoWからPoS方式への変更があります。

PoWはPoSに比べて、電気代やマシン代が大量にかかってしまうといったデメリットがあったため、その問題を解消するのが目的の一つです。またPoSにすることで、ADAコイン自体の保有期間や保有量に応じてマイニングの報酬をもらうことが可能になります。その結果、PoWよりもさらに公平性が高く、省エネでマイニングができるようになります。

2つの専用ウォレット

エイダコインは2つの専用ウォレットを保有しています。それぞれ、ダイダロスとヨロイウォレットと呼ばれています。

ダイダロスはセキュリティが高いと評判のウォレットで、オンラインゲームで獲得したコインを直接送金できる機能を持っているのが特徴です。また、ダイダロスにはステーキングが可能という強みがあります。

このステーキングとは、ブロックチェーンのネットワークに参加する対価として、報酬をもらえる仕組みのことです。つまり、ダイダロスを使用してステーキングを行えば、取引での損得に関係なくお金を得られるということになります。

そのほかにも、ダイダロスにはエイダコインの運用方法に関する投票システム、というのがあります。一定の条件を満たすと、Catalyst Fund3という投票システムに参加できるようになり、今後のエイダコインについての投票権を得られるという流れです。

ちなみに、ダイダロスやヨロイウォレットを見ると、カルダノ専用、エイダコイン専用、といった表記がされているため、混乱されている方もいるかもしれません。カルダノというのはオンラインカジノのことで、このカルダノで使われているのがエイダコインです。

この2つはセットになっていて、同じ概念として表記されています。またヨロイウォレットはエイダコイン、カルダノに特化したウォレットですが、ダイダロスはイーサリアムやビットコインのウォレットとしても使用可能です。

ヨロイウォレットは、もともとGoogle Chromeの拡張機能としてリリースされたエイダコイン専用のウォレットです。現在はスマホアプリもリリースされていて、Google Chromeのものとスマホアプリの両方を使用して互いに連動させることも可能です。

処理を高速化する複数レイヤー構造

エイダコインの処理は複数のレイヤーに分担されています。これにより、取引処理の高速化を可能にしました。この高速処理を活かして、カルダノ財団はNew Balanceと提携し、ブロックチェーンを用いて真贋判定をするNB Realchainというシステムを開発しています。

このNB Realchainは、New Balanceが本物か偽物かを判別するシステムです。具体的な方法としては、シューズを購入した際に、アプリでタグに書かれたコードやチップを読み込み、シューズの所有者をブロックチェーンに記録します。これによりブロックチェーンに記録が残るので、保証書や証明書の偽造が難しくなり、シューズの偽物を防止するという方法です。

なぜ、New Balanceだったのかという疑問は出てくるかもしれませんが、今後は医療や金融など幅広い分野でこの技術が活用される可能性があります。また、一仮想通貨保有者にとっても、今後のエイダコインの伸びしろにも影響するため、こういった情報を得ることは重要だといえます。

セカンドレイヤーソリューション「Hydra」

Hydraは、エイダコインの開発機関からローンチされたオフチェーンプロトコルです。オフチェーンとはブロックチェーンに記録されないということを指します。通常仮想通貨を取引するとブロックチェーンに記録が行われますが、その際の作業にデータ容量と時間を使います。

ブロックチェーンに記録することで、取引の客観性を持たせられるというメリットはありますが、必ずしもすべての取引を記録する必要はありません。そこで、オフチェーンという取引手法によって、取引の最初と最後だけをブロックチェーンに記録し、間は記録しないで処理を高速化、効率化するとういう手法を取っています。Hydraもこの仕組みに則っており、高速処理が可能となりました。

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の現在の価格変動

ADAコイン_チャート
引用元:Trading View

ADAコインは、2019年からの3年間で40倍以上に価格高騰した後、2021年の急騰時にかけて再注目を集めています。3月から4月頃までは落ち着きを見せていましたが、5月頃にアルトコインの価格高騰に合わせてADAコインも値上がりし、一時的に250円まで上がりました。

6月以降は130~150円程度で落ち着きましたが、2021年9月には320円まで値上がりするなど、乱降下を繰り返しながら緩やかに価格が上昇しています。

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の価格が上昇するポイント

怪しいと言われていたADAコインが、なぜ現在価格の上昇傾向を示しているのか、その理由を見ていきましょう。

技術開発の進捗が順調である

ADAコインの技術は現状で一通り完結していますが、現在も小さな進歩をし続けています。具体的には、有権者に対する登録機能、プルータスによるスマートコントラクト機能の実装などです。今後は、新規トークンの発行やNFTが発行可能になる機能も期待されています。

著名人であるGene Simmons氏(KISS)が大量購入

アメリカのロックバンド、KISSのジーン・シモンズ氏が、ADAコインを大量に購入したとツイートしたことでも話題になりました。金額にして、30万ドル分(約3000万円)購入しています。

日本での人気が高い

ADAコインは、日本国内では2021年9月現在、BITPOINTのみ取り扱っています。日本人の人気が高く、各企業が実施している人気アンケートでも上位にランクインする暗号資産です。

CoinGenko Japanの実施した調査では、2021年2月27日~3月5日のアクセス数ランキングが1位を獲得するなど、一躍注目を集めることとなりました。このように話題に上がれば、ADAコインのさらなる価格の高騰につながるでしょう。

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の将来の見通し予想

ADAコインの今後の見通しとして、どのようなことが予想されるでしょうか。理由と併せて詳しく解説します。

ADAコインが広まる

ここまでの流れからもわかるとおり、ADAコインは今後さらに市場規模が拡大していくと予想されています。オンラインカジノで利用できるだけではなく、さらなる技術開発が進む中、有名人が大量購入したことで話題にもなりました。実際、企業の統計でADAコインの人気は明らかになっています。

また、国内におけるカジノの動向もADAコインの普及のカギになるでしょう。今後日本でカジノ法案が可決し、カジノ施設の建設などが実現すれば、オンラインカジノはより普及すると考えられます。その結果、ADAコインのさらなる普及につながるでしょう。

大企業や大学との提携

ADAコインは、大学や大企業とも提携しています。具体的には、東京理科大学や韓国のメタップスプラスなどが挙げられます。これ以外にもすでに複数の大学、企業と提携しており、現状も提携数が増加しています。

今後も提携の流れが続くと予想されるので、結果的にADAコインの価格上昇にもつながっていく可能性もあるでしょう。

世界レベルでの高い認知度と信用性

日本国内だけではなく、ADAコインは世界的に知名度と信頼性があります。一時、暗号資産市場の時価総額ランキングで、ビットコイン、イーサリアムに次いでADAが3位となるなど、世界的な注目を集めています。

なお、ADAコインの技術はイーサリアムの技術と似通っている部分があると先述しましたが、開発を行っているエンジニアがイーサリアムの開発にも携わっていた数学者であるためです。ADAコインはビットコインでいうところのマイニングである、ステーキングという機能も持っています。

こうした裏付けもあり、ADAコインは世界的に有望視されています。

ステーキングとは、対象の仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組みです。

これまで仮想通貨では、価格が安い時に仮想通貨を購入し価格が上がったときに売却することによって得られる売買差益を目的とした取引が一般的でした。一方で、ステーキングでは、対象の仮想通貨を保有することで継続的に報酬を得ることができます。

引用元:bitflyer

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の今後の価格予想

日本国内だけでなく世界的にも注目されつつあるADAコインですが、将来価格は今後どうなっていくのでしょうか。

ADAコインの日本の暗号資産取引所への上場

ADAコインは世界の暗号資産取引所への上場を進めていますが、今後は日本の暗号資産取引所に上場する可能性も高いでしょう。その理由は、日本人からの注目度が高く、日本で上場するメリットが大きいためです。

日本の暗号資産取引所に上場すれば、取引のしやすさからさらに人気が高まり、カジノ法案などの動向によっては、より一層価格が高騰する可能性があります。

ADAコインPay(エイダペイ)の導入店舗数の増加

ADAコインPayは、ADAコインを即時決済できる仕組みです。ADAコインはオンラインカジノで使用できることはもちろん、ADAコインPayを導入している店舗での決済も可能となります。

現時点でもすでに日本国内の店舗に導入されていますが、今後さらに導入数が増えれば、価格の高騰の一因になるでしょう。

ブロックチェーン技術を用いた真贋判定機能

ADAコインを開発しているCardano財団は、ブロックチェーンを用いた真贋判定機能も開発しています。

これは、シューズメーカーのニューバランスと提携したNB Realchainのシステムで使われている技術です。具体的には、シューズを購入した際にアプリでタグに書かれたコードやチップを読み込み、その所有者を記録します。ブロックチェーンへの記録があれば、保証書や証明書を偽造しても、シューズの偽造を見抜けるという仕組みです。

現状はシューズの真贋判定に使われている技術ですが、今後は医療や金融などの分野に採用されることも十分考えられます。ADAコインの開発元の技術なので、ADAコインの価格の高騰につながる可能性があるでしょう。

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の取引ができる取引所

ADAコインは国内の取引所ではほとんど扱われていないため、日本人が取引できる場所は限定されています。

国内では取引できる取引所はBITPOINT

日本国内の取引所でADAコインを取引する場合、現時点での選択肢はBITPOINT一択となります。ただし先ほど紹介したとおり、注目度の高いコインであるため、今後は国内でも取引できる取引所が増えていくと予想されています。

株式会社リミックスポイント(証券コード:3825、本社:東京都港区六本木三丁目2番1号、代表取締役社長CEO 小田玄紀)(以下「当社」といいます。)の連結子会社(孫会社)である株式会社ビットポイントジャパン(以下、「BPJ」といいます。)において新たに暗号資産ADA(エイダコイン、以下「ADA」といいます)を取扱うこととなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

引用元:prtimes

海外では取引できる取引所はBINANCEなどがある

日本国内ではBITPOINT一択ですが、海外であれば、Binanceをはじめ、いくつか選択肢もあります。例えば、以下の取引所です。

海外の取引所まとめ

  • Binance
  • OKEx
  • Bittrex
  • Kucoin
  • FTX

国内の取引所しか使ったことがない人にとって、海外の取引所はハードルが高いかもしれません。

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の取引のやり方

最後にADAコインの買い方についてです。

まずは口座開設を行います。その後、個人情報を登録しましょう。これらの作業が完了したら、自由に取引できるようになります。

今回はBITPOINTでの取引を想定し、手順を解説します。

公式ページから申し込みをする

BITPOINT
(画像=ビットポイント公式HPより)
ビットポイントの概要
取扱通貨数 8通貨
(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,BAT,TRX,ADA)
最低取引数量(BTC) 0.00000001 BTC(販売所)
0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 最大2倍

まずはBITPOINTの公式ページから口座開設の申し込みを行います。申し込み方法はメールアドレスや携帯番号を入力してフォーム送信するだけなので簡単です。

個人情報の登録と本人確認書類を提出する

口座開設の申し込みを終えたら、個人情報登録と本人確認書類の提出が求められます。本人確認書類は、日本国籍の人は運転免許証またはマイナンバーカード(写真付き)のどれか1点、外国籍の人は在留カード(在留期間が1年以上のもの)となっています。

暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。

引用元:暗号資産に関するトラブルにご注意ください! (金融庁・消費者庁・警察庁)

個人情報登録と本人確認書類の提出方法は申し込み後に指示があるので簡単です。作業完了後は審査に入り、審査結果はメールでお知らせがあります。

口座開設が完了したら暗号資産を購入する

審査に通過したら口座開設は完了です。取引サイトにログインし、取引が可能になります。

他の暗号資産取引経験がある人は、ADAコインもまったく同じ流れと考えて問題ありません。暗号資産取引自体が初めての人も、購入までの流れで難しいことはないので安心しましょう。

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)の今後の見通しまとめ

ADAコインの特徴や今後について解説しました。国内で扱っている取引所が少ないにもかかわらず、国内人気の高い暗号資産であり、今後はより人気上昇、価格の高騰が予想されています。

海外からの人気も高く、時価総額ランキング3位になるなど、国内外ともに注目度の高いコインです。2030年には13ドルと、今の10倍になるのではないかという強気の価格予想も見られます。

「怪しいコインなのでは?」と不安に感じていた人もいるかもしれませんが、この記事を読んで、信頼性の高い通貨であると感じた人も多いでしょう。今後の上昇を見込んで、今のうちからBITPOINTでの取引を検討してみてはいかがでしょうか。

エイダコインを取り扱っている他の取引所はある?

エイダコインはビットポイントで取り扱いがあります。それ以外にも、下記でエイダコインを取り扱っています。

・Binance
・OKEx
・Bittrex
・Kucoin
・FTX

これらはビットポイントと比較してもあまり聞きなじみのない取引所であるため、ネット上でも情報量も少ないというデメリットがあります。そのため、これからエイダコインの取引を始めるなら、ビットポイントを選択するのが得策でしょう。

エイダコインは、技術開発が順調に進んでいることも影響し、これから伸びしろのある仮想通貨といえます。新たな暗号資産取引を検討しているかたは、ビットポイントの口座を開設して、早めにエイダコインを保有しておくというのもよいでしょう。

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)に関するQ&A

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)に関するよくある質問をまとめました。

エイダコイン(ADAコイン/Cardano)とは何か?

ADAコインは「Cardano」と呼ばれるブロックチェーン技術を活用した暗号資産です。
オンラインカジノで使用する使用するイメージの強い暗号資産ですが、その他にも用途が拡大しています。

国内でエイダコインを取扱を行っているのは取引所はBITPOINTのみ?

2021年10月現在、日本国内の取引所でADAPTERコインを取扱を行っているのは、BITPOINTのみとなっております。
ただし、注目度が高いため、今後は国内でも取扱を行う取引所が増えていくと予想されています。

どのような人にBITPOINOTはオススメ?

投資未経験者や初心者にオススメです。
500円からの少額取引が可能となっており、投資未経験者でも気軽に投資が行うことができます。

関連記事
エイダコインとは?なぜ「怪しい」と言われる理由や今後について解説
ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?ツールの使いやすさや手数料も解説
手数料が安い初心者向けは?リップル(XRP)のおすすめ取引所7選!
ビットコイン(BTC)おすすめ取引所8社厳選!手数料から取扱通貨数まで
暗号資産のおすすめ取引所13選!ビットコインや仮想通貨を取引するならどこ?