仕事全般の悩み

「働きたくない死ぬしかない」から抜け出す4つの選択肢!無理なく稼ぐ方法

大人になれば誰もが働いてお金を得る。当たり前になっている事だからこそ、「働きたくない」という気持ちを抱くと、苦しくなることがありますよね。

お金は働いて得るものであって、働かなければ生きていけない。無限のループにはまってしまうと、抜け出すためには「死ぬしかない」と自分を追い詰めてしまうことがあるでしょう。

しかしそのループから抜け出すことができれば、働きたくない気持ちと距離を置くことができます

働く以外の選択肢、働かずにお金を得る方法、「死ぬしかない」気持ちから抜け出す方法をまとめました。辛いループから抜け出して、生きる希望を見出しましょう。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
鈴木拓海

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

働きたくない!希望が見つかる4つの選択肢

働くことばかりが「生きる事」ではありません。「生きる意味」を見出すために、働かない時間があったりや働き方を変えたりしても良いのです。

1:実家に戻る

「働きたくない、死ぬしかない」という絶望的な気持ちなら、実家に戻ることをおすすめします。両親が健在であなたの状況を理解してくれるというケースに限られますが、一緒に生活をすればとりあえず生きていくことができるからです。

実家なら食費や家賃を考える必要がありません。多少嫌味を言われたり家事を手伝わされたりすることがあっても、親としては子供に死なれるくらいなら理解を示してくれるでしょう。

一生親のすねをかじる生活はできないため、事前に期限を宣言するのも納得を得られる方法のひとつです。決して急ぐ必要はありませんが、自分としてもどうすべきかを考えるため、だらだら居候するより効果的です。

2:自給自足に切り替える

「死ぬしかない」と追い詰められているなら、いっそ自給自足の生活に切り替えてみましょう。都会の生活よりお金を使わないため、必要最低限の出費で済みます

自然の中で生活すれば疲れた心を癒すことができ、田舎ならではの「助け合いの精神」に触れ新たな人間関係を築くことも期待できます。人が少ないためより強固な関係を構築できるでしょう。

一方で都会のように娯楽が少ない事がデメリットです。買い物や病院も車が必要になり、地域によっては昔からの風習が残っていることもあり、半年~1年程度住んでみて本格的に移住をすることをおすすめします。

3:海外移住をする

生活できる程度の資金を貯めて、海外移住をしても良いでしょう。物価が安い国なら、月5万円程度で生活が成り立ちます。プライベートを重視する国なら、自分に合った働き方を見つけられることがあるでしょう。

しかし海外移住をするなら、言語の習得や文化の違い、ビザの問題まで調べてから行動する必要があります。問題に直面した時は、すぐに助けを求められる状況ではなくなるため、費用には余裕があった方が良いでしょう。

また海外では自分の意見をしっかり主張することを求められるため、気持ちの強さが必要です。海外生活に順応する頃には、「働きたくない死ぬしかない」という考え自体が変わることもあるでしょう。

4:アーリーリタイア(定年前引退)を目指す

働きたくない気持ちが強いなら、アーリーリタイア(定年前引退)を目指すのも一つの方法です。セミリタイアは退職後に自分の自由な時間で収入を得ることを指し、アーリーリタイアは貯蓄や資産のみで生活することを指します。

アーリーリタイアは、体力的余裕があるうちに退職後の人生を楽しむことができるため、スポーツや海外旅行など臆することなくチャレンジができます。一方で確実に生活資金は減るため、収入源の確保は必須です。

アーリーリタイアを目指すなら、毎月必要なお金を試算し、投資やFXなど資産形成を積極的に行いましょう。

会社で働かずにお金を得る方法

会社に就職してお金を得る方法がもっとも簡単ですが、それが耐えられないなら会社で働かずにお金を得る方法があります。本気で取り組めば生活維持が可能なケースもありますよ。

ブログで広告収入を得る

会社で働かずにお金を得る方法として、ブログで広告収入を得るという方法があります。外に出る必要性がなく誰の指図を受けることもないため、ストレスを感じず収入を得る事が可能です。

読者の悩みを解決する方法として、サービスや商品を提案し広告収入を得ます。ブログに広告表示枠を設けて、クリックされるごとに収入が入るシステムもあるため、一度調べてみると良いでしょう。

特別なスキルが必要なく誰でも始めることができますが、サイトのメンテナンスが必要な事、軌道に乗るまで時間がかかることが難点で、途中で挫折する人も多くいます

クラウドソーシングで仕事を受注する

家にいながら、クラウドソーシングで仕事を受注し収入を得るという方法もあります。クライアントからの指示に従って仕事を進めるため、「何をしたら良いか分からない」という人におすすめです。

アンケートや口コミ投稿、ライティングやWEBデザインなど仕事内容はさまざまです。一般的には企業がインターネット経由で応募者を募り、応募者を選定・業務依頼する形が取られます。

気軽に必要な人材を調達することができるため、クラウドソーシングを活用する企業は年々増えています。自分の好きな時間で仕事ができますが、収入が不安定で周囲の信頼を得にくいというデメリットがあります。

生活困窮者自立支援制度を検討する

「働きたくない死ぬしかない」気持ちから抜け出せず、生活の維持が困難な場合には生活困窮者自立支援制度を検討しましょう。経済的な困窮をはじめ、心身の問題や住まいの確保などあらゆる相談に乗り自立できるよう支援してくれます。

全国の自治体で取り組まれている事業で、相談窓口はお住まいの都道府県や市町村です。厚生労働省では相談窓口の連絡先を公開しているため、該当する人は相談してみると良いでしょう。

どのような支援が必要かを支援員が一緒に考えプランを作成してくれるため、未来へのヒントが得られることがありますよ。

「死ぬしかない」と考えてしまう理由

視野が広がったところで、「死ぬしかない」と考えてしまう理由考えてみましょう。本当の気持ちと対峙すると、自分がすべきことが見えてきますよ。

他人と比較して自己嫌悪になる

他人と比較して自己嫌悪になった時も、「死ぬしかない」と考えてしまうことがあります。気持ちが落ち込んでいるときは自分の良い部分が見えていないため、他人と比較しても前向きになれるはずがありません。

「他人は楽しそうなのに自分は辛い」「他人は贅沢しているのに自分は生活で精いっぱいだ」たとえ他人と自分が同じ境遇にあっても、自分ばかりが損をしている気持ちになるのです。

それでも比較したい時には内面的な部分を想像してみましょう。「楽しそうに見えるけれど、無理をしているに違いない」「贅沢をしている裏で普段は節約ばかりなんだろう」想像すると徐々に比較したい気持ちが薄れてきますよ。

自分は役に立たないという思い込み

自分は役に立たないという思い込みから、「死ぬしかない」という気持ちになってしまうことがあります。「働きたくない」と考えている時点で、マイナスな気持ちで満たされてしまうため、発想の転換が必要です。

「役に立たない」という他人からの評価を考える前に、自分に「どのような事ができるか」を考えてみましょう。何らかの行動をしていれば、徐々に「役に立っている」と実感する場面に出くわします。

大きな仕事や、社会貢献ばかりが「役に立つ」わけではありません。他人の愚痴を聞いたり、困っている人にそっと声をかけたり、まずは自分が置かれた場所で他人に寄り添ってみましょう。きっと自分も癒されるはずですよ。

毎日同じ仕事の繰り返しにうんざりする

毎日同じ仕事の繰り返しだと考え、「死ぬしかない」という気持ちに至ることがあります。バリバリ仕事をこなしている人もいる反面、単純作業を繰り返す毎日に、挫折感や孤独感を感じるのです。

しかし視点を変えれば、それは「安定した毎日を送っている」ということ。「無職で仕事がない」という状況ではないため、少しのスパイスで毎日を充実させることができます。

仕事で変化がないなら、アフター5で変化を付けましょう。習い事を始めたり新しい服を買ったりして、自分の気持ちに変化を付けるのです。定期的に自分へのご褒美を用意しても良いでしょう。

あわせて読みたい

仕事を辞めたいと思ったら要確認!後悔しない退職・決断のコツを解説

「死ぬしかない」から抜け出す考え方

「死ぬしかない」の思考から抜け出すことは難しいことではありません。小さなきっかけひとつで考え方を大きく変える事ができるのです。ぜひ参考にして実践してみましょう。

「働きたくない」気持ちは普通の事

まずは、「働きたくない」気持ちは普通の事である事実に気付きましょう。誰でも自分と同じ気持ちを抱くことがあり、自分はたまたま「今」が気持ちの底だというだけ。働く人の多くは、生きるために仕方なく働いているのです。

仕事を生きがいとしているのは、世の中の一握りの人です。間違いなく自分以外にも大勢「働きたくない」人がいます。そう思うと、少し楽な気持ちになるでしょう。「働きたくない」気持ちに罪悪感を抱くのは、自分が真面目な証拠です。

人と話すと別世界に気付くことがある

「死ぬしかない」思考の時こそ、人と話すことをおすすめします。「孤独」で満たされる前に相談相手を見つけ、新たな視点で物事を考える事ができれば「大した事ではなかった」ということがよくあるからです。

気軽に話せる人がいない場合には、行政の窓口に相談しても良いでしょう。自分よりも大きな問題を抱えている人でもあっけらかんとしている人がいるため、人との会話は大きなヒントになります。

一人で抱え込んでしまうと、無限ループから抜け出すことが困難なことがあります。辛い時こそ周囲の人とコミュニケーションを持ちましょう。

現実逃避で安全地帯を確保する

「死ぬしかない」思考の時には、現実逃避をするのも良い方法です。安全地帯を確保できれば、心身のバランスを保つことができるからです。

映画を見たりゲームをしたりも現実逃避になるでしょう。なかでもおすすめは、小説や物語を読むことです。映像として目から入る情報量が少ないため、現実世界でも容易に妄想することができます。

少し変わった方法では、求人サイトに目を通しても良いでしょう。別な職場で働く自分を想像して前向きな気持ちになれたら、実際に応募することもできます。

簡単な勉強なら自己肯定感が高まる

「死ぬしかない」思考から抜け出すためには、簡単な勉強も役立ちます。難しい資格や取得まで時間がかかる資格は、逆に不安が大きくなることがあるためおすすめできません

おすすめは、課題提出や添削をしてくれる通信教育です。対面で勉強するわけではないため手軽に始める事ができます。課題や添削によって他人との関わりが持てます。評価されたことが自信に繋がるのもポイントです。

働くことをポジティブな行動と考える

「働きたくない死ぬしかない」と考えてしまうときには、働くことをポジティブな行動と考えてみましょう。誰もが生きるために働く事実がありますが、そのような考えと対峙してしまうと前を向くことが困難です。

生活のために働くよりも、目標・目的のために働くとなれば、仕事への考え方が大きく変わってくるでしょう。仕事をポジティブな行動にするために、職場や業種を変えるというのも選択肢のひとつです。

自分の時間に軸を置いて生活する

最低限の労働をして、自分がしたい事だけをして生活するのです。

月に必要な生活費+自分が好きな事を実行に移せる金額を稼げば良いため、気持ちに無理なく働くことができます。これまで正社員として働いていたなら、アルバイトやパートタイマーとして働いても良いでしょう。

生活費を抑えられれば労働時間も抑えることができるため、都会よりは田舎の方が自分軸で生活する場合には向いています

働きたくない・死にたいときこそ視野を広げるのが大切!

働くことを難しく考える必要はありません。死ぬほど嫌なら働く以外の選択肢がいくらでもあるのです。実家に帰ったり海外移住をしても良いでしょう。在宅で収入を得る方法や自立を支援する制度もあります。

それでも「死ぬしかない」という気持ちから抜け出せない場合には、前を向くきっかけを探してみましょう。

「働きたくない」と思う気持ちは大多数の人が抱く気持ちであり、人と話すことで新たな視点に気付くこともあります。視野が広がれば、きっと自分なりの「働き方」をみつけることができますよ。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事