仕事全般の悩み

「仕事行きたくない病」は放っておくとキケン!原因や克服方法を解説

「仕事行きたくない病に困っている…」

「仕事行きたくない病の克服方法ってあるの?」

仕事に行きたくない気持ちが思考全体を占めてしまう「仕事行きたくない病」に悩んでいる方は大勢います。仕事行きたくない病は自分だけなのではないかと不安を抱える方もいるでしょう。この記事では仕事行きたくない病の原因や克服方法を詳しく解説していきます。

仕事行きたくない病に悩んでいる方は、この記事を読むことで解決策を見つけることができます。ぜひ、チェックしてください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
磯﨑拓美

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

仕事行きたくない病を引き起こす3つの原因

仕事行きたくない病を生じる原因は3つです。まずは3つの原因を詳しくみていきましょう。

1)仕事への不満・ストレス

1つ目の原因は、仕事に対する不満やストレスから、仕事に対する拒否反応を引き起こしているケースです。例えば、人間関係や仕事内容への不満・勤務形態などがストレッサーとなっている場合が多いでしょう。仕事への不満が大きくなることで、仕事そのものをネガティブなものだと思い込んでしまい、仕事行きたくない病を引き起こします。

2)疲労の蓄積

2つ目は、仕事のストレスを上手く発散できず、疲労が蓄積することで仕事行きたくない病を引き起こしているケースです。仕事に対する大きな不満がなかったとしても、人間は疲れを溜め込んでしまいます。上手にストレス発散ができなければ、疲労が蓄積し心身ともに疲れ切ってしまうのです。心身が疲れ切った状態では仕事を頑張るエネルギーがありません。疲労の蓄積は仕事行きたくない病を引き起こす大きな原因です。

3)自己肯定感の低下

自己肯定感とは、自分自身を認め、肯定する感情のことを指します。自己肯定感が低いことで、些細な出来事に落ち込んでしまう・少しのミスで絶望してしまうといったネガティブな状況を引き起こします。自己肯定感が低い人は仕事においても自信がない場合が多く、怖気付いてしまうことで仕事行きたくない病を引き起こす可能性が高いのです。

「仕事行きたくない病=甘え」は勘違い

仕事行きたくない病に悩んでいる人は大勢います。

仕事行きたくない病=甘えだと捉えてしまう方も多いですが、そうではありません。仕事行きたくない病は心身のストレスや疲れ・思考の性質が引き起こす症状です。決して甘えではなく、身体からのSOSだと考えましょう。中には「仕事行きたくない病なんて甘えだ」ときつい言葉を投げる人もいるでしょう。しかし、自分の辛さを他人が想像することはできません。

冷たい言葉を鵜呑みにせず、自分自身の感情と向き合うことが大切です。

仕事行きたくない病になりやすい人の特徴

仕事行きたくない病になりやすい人は、共通した特徴を持っている傾向にあります。ここでは仕事行きたくない病になりやすい人の特徴を見ていきましょう。

重労働・責任重大な仕事に就いている

責任が思い仕事や、重労働な仕事に就いている人はストレスや疲労が蓄積しやすいため、仕事行きたくない病になりやすい傾向にあります。職業から考えると看護師や保育士など、職場環境や仕事内容のストレスが大きい職業で生じやすいと言えます。

https://twitter.com/0o_mk_o0/status/1346792796699594754?s=20

もちろん、他にもストレスを感じやすい職業はたくさんありますが、責任の重さや肉体労働の職業は注意が必要です。

慣れない環境で働いている

新入社員や転職したてなど慣れない環境で働いている方も、仕事行きたくない病を生じやすくなります。不慣れな環境にいるだけでも人間は大きなストレスを受けますが、その上人間関係の構築や仕事内容を覚えるなど荷重が大きくなることで、ストレスや疲労が蓄積しやすいのです。

https://twitter.com/ramu000000000/status/1308549163714445313?s=20

慣れてしまえば何ともない仕事でも、働き始めは大きなストレスと感じてしまう方も多いでしょう。

体調が乱れやすい

もともと体調が乱れやすい方は、仕事行きたくない病を生じやすい傾向にあります。特に女性で生理痛が重い場合やホルモンの影響を受けやすい方、他にも心身ともに体調が乱れやすい方などは、仕事のストレスを受けやすく仕事行きたくない病に繋がってしまうケースが多いのです。

また、精神疾患の既往がある方などは新しい環境で働くことのストレスから休みがちになってしまうことも少なくありません。

仕事行きたくない病の克服方法は6つ

仕事行きたくない病を克服する方法はいくつかあります。人によって効果があるもの・ないものが別れる場合がありますが、ぜひ試してください。ここでは6つの克服方法をご紹介します。

1)仕事へのモチベーションをあげる

仕事行きたくない病は、仕事に対するネガティブな感情が原因となっていることがあります。つまり、仕事に対するネガティブな感情を吹き飛ばすことができれば、仕事行きたくない病を克服することができる可能性が高まります。仕事へのモチベーションをあげる具体的な方法として、以下の2点を意識してみましょう。

毎朝リフレッシュできる習慣を取り入れる

仕事行きたくない病の多くは、朝起きた瞬間や仕事に行く直前に発生しませんか。その場合は朝を有意義な時間にすることで、スッキリした気分で出社を迎えることが可能です。例えば、早起きをしてストレッチやウォーキングをする、お気に入りのカフェで読書をするなど、自分がリフレッシュできるような習慣を取り入れてみましょう。

目標やゴールを決める

人間は目標やゴールが明確になると、不思議とモチベーションが湧いてくる生き物です。自分が働くことの目標やゴールを決めることで仕事へのモチベーションを高めることができます。例えば、年内に100万円貯める、役職を持ちたい、◯◯万円の売り上げを取る、2年頑張ったら転職するなど、何でも大丈夫です。自分自身が本当に求めていることを目標に設定しましょう。

2)プライベートを充実させる

仕事の疲れやストレスは、プライベートの充実で発散させることができます。趣味が充実している人は、仕事行きたくない病になりにくい傾向にあります。

仕事行きたくない病になったとしても、趣味のために頑張ろう、次の楽しみのために頑張ろうといった切り替えができるのがポイントです。趣味でなくとも、プライベートを充実させることで仕事行きたくない病を克服することができます。仲のいい友達と食事をする・思いっきりストレス発散をするなど、休日を充実させてみてください。

3)生活習慣を整える

生活習慣を整えると、疲労やストレスを溜めにくい身体を作ることができます。生活習慣を整えるためには、適切な睡眠時間・栄養バランスの整った食事・適度な運動を取り入れることが重要です。特に睡眠と食事は、健康的な生活に大きな影響を与えます。夜更かしをせず早寝早起きを意識することや、食事をしっかりと摂ることを心がけましょう。

社会人になると運動する時間を取ることができない場合も多いですが、お風呂上がりのストレッチや朝のウォーキングなど数分間の運動でも効果があります。可能な限り運動も取り入れてください。

4)休息期間を取る

仕事行きたくない病を引き起こし、どうしようもない場合は、休息を取ることが重要です。週休2日ではなかなか疲れが取れないことも多いでしょう。思い切って有休消化で長期間の休息を取ることがおすすめです。また、仕事行きたくない病に伴い身体的な症状(吐き気や頭痛・情緒の不安定さなど)が生じている場合は、休職制度を利用してみるのもおすすめです。

5)環境を変える

上記の対策を講じても改善が見られない場合は、思い切って環境を変えましょう。例えば、部署移動や店舗移動を相談することや、引っ越しなどで住環境を変化させることが挙げられます。仕事環境を変えることは会社との交渉が必要となるため、難しいこともあるでしょう。そういった場合は、部屋の模様替えや引っ越しなど身の回りの環境を整えることがおすすめです。

また、会社で関わりを持つ人にストレスを感じる場合は、必要最低限の関わりのみにするなど人間断捨離をすることも効果的です。

6)転職・退職をする

思い切って転職・退職をすることも時に重要です。いくら対策を講じても仕事行きたくない病が改善しない場合は、仕事・会社そのものが原因となっていることがほとんどです。仕事や会社が原因であれば、そこから離れることが効果的な対策方法となります。退職や転職をなかなか言い出せない場合は、退職代行サービスなどの活用がおすすめです。

退職代行サービスとは退職意向の代弁や退職手続きのサポートを受けることのできるサービスです。

あわせて読みたい

退職代行とはどんなサービス?辞めるまでの流れと利用上の注意点解説!

放置は危険!身体的な症状がでた時の対処法

仕事行きたくない病に付随して、吐き気や腹痛・頭痛・気分の落ち込み・不眠など身体的な症状を引き起こしている場合は、身体が限界を迎えているサインです。無理をせず、まずは休息を取りましょう。適応障害やうつ病など精神疾患の初期症状である可能性も否めないため、心療内科の受診がおすすめです。

あわせて読みたい

仕事に行きたくない!「吐き気」が生じる原因や対策を解説

仕事行きたくない病には向き合うことが大切

仕事行きたくない病は甘えではありません。自分自身の感情と向き合いながら、原因や対策を模索していくことが大切です。身体症状が伴っている場合は決して無理をせず、休息や受診を検討しましょう。仕事行きたくない病に悩んでいる方は大勢います。仕事行きたくない病になってしまったことを責めるのではなく、自分に合った対策を講じましょう。

退職代行マイスターでは、記事中でご紹介した退職代行サービスについて詳しく解説しています。気になる方はぜひチェックしてください。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事