退職代行をもっと知る

退職代行には2週間ルールがある!概要や利用メリットを解説!

「退職代行を使っても2週間経たないと辞められないの?」
「2週間会社に行かずに辞める方法ってある?」

退職代行には「退職代行決行後、2週間の勤務期間を要する」といった2週間ルールが存在します。しかし、これは回避することも可能です。

この記事では、2週間ルールの概要や回避方法を詳しく解説していきます。

退職代行の利用を検討している方は、ぜひチェックしてみてください!

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
鈴木拓海

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

退職代行における2週間ルールとは?

退職代行における2週間ルールとは、“退職代行を利用した場合でも2週間は出勤しなければならないこと”を指します。

この2週間ルールは、民法によって定められています。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

退職代行を利用した場合も解約の申し入れに該当するため、2週間を経過すれば自動的に雇用契約が終了します。会社側が退職拒否をしている場合でも2週間ルールが適応されるため、辞めたくても辞められないということはありません。

2週間の出勤を回避する方法はある!

「退職代行を使ってから2週間会社に行くのは気まずい…」
「即日で退職している人もいるみたいだけど…」

退職代行における2週間ルールは、回避方法も存在します

2週間待たずに辞める方法
  • 民法の「やむを得ない事由」に該当する
  • 溜まっている有給を消化する
  • 退職まで欠勤することを伝える

即日退職を謳っている退職代行業者の多くは、この回避方法を活用しているため、2週間出勤することなく合法的に辞めることができます。

1.民法の「やむを得ない事由」に該当する

民法第628条には、以下のような規定もあります。

(やむを得ない事由による雇用の解除)
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

民法第628条

やむを得ない事由があれば、2週間ルールは関係なく直ちに雇用契約の解除をすることが可能です。ここで言うやむを得ない事由とは以下のような内容を指します。

  • 心身の障害や疾病
  • 家族や子供の疾病・障害による介護
  • 会社の違法行為(賃金未払いなど)
  • パワハラやセクハラ、いじめなど

このやむを得ない事由について、法律では具体的に明記されているわけではありません。労働政策研究・研修機構では以下のような見解を述べています。

「やむを得ない事由」とは、客観的に合理的な理由及び社会通念上相当であるという事情に加え、当該雇用を終了させざるを得ない特段の事情と解するのが相当である。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (93)期間途中の解雇

自身が「やむを得ない事由」に該当するのかどうかは自身で判断してしまうのではなく、専門家の意見やアドバイスを聞くことが安心です。退職代行には弁護士が運営している業者も存在するので、正当な理由での退職を望む場合は有資格業者へ依頼しましょう。

退職代行業者には、民間運営の無資格業者と労働組合・弁護士などが運営する有資格業者が存在します。
それぞれの違いについては以下の記事をご覧ください。

https://www.zaikei.co.jp/jobs/2126

2.溜まっている有給を消化する

即日退職を謳っている退職代行業者のほとんどはこの方法を利用しています。退職代行後、雇用契約が解除されるまでの2週間を有給消化期間とすることで即日退職を可能としているのです。

有給休暇が2週間以上残っている場合は、問題なく即日退職できると考えておいて問題ないでしょう。

「退職するのに有給消化できるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、問題ありません。有給消化は労働者の正当な権利であるため、退職代行を使っていてもその権利を行使することが可能です。

有給休暇に関しては以下の記事をご覧ください。

退職代行を使っても有給休暇・退職金請求出来るの?
退職代行サービスで有給取得や退職金請求が可能!ただし注意点もある 退職代行サービスを利用して辞めた場合でも、有給消化や退職金の受け取りは可能なのでしょうか。この記事では、退職代行サービスによる有給取得...

3.退職まで欠勤することを伝える

有給休暇がない場合、退職代行後の2週間を有給消化期間に充てることはできません。有給休暇が無い場合の回避方法としては会社に欠勤依頼をすることが効果的です。

退職代行後の2週間を欠勤扱いにしてほしいと会社に交渉し、認められた場合は会社に出勤することなく退職することが可能となります。

ここで注意をしておきたいのが、会社から欠勤対応を拒否をされるケースです。万が一拒否された場合、無資格の退職代行業者では対応ができず出勤しなくてはいけない場合も生じます。

有給休暇を有していない方は、交渉が可能な労働組合などの有資格業者を選択しましょう。

欠勤交渉を拒否された場合でも無断欠勤をすることは避けましょう。無断欠勤はペナルティを受ける可能性もあるので注意が必要です。

退職代行は無断欠勤にはならない!理由と安全に辞める方法を解説退職代行を使っても無断欠勤にはならないし、罰則もありません!今まさに無断欠勤中でも退職代行を使ってスムーズに会社を辞めることができます。当記事では、退職代行を利用しても無断欠勤にならない理由とトラブルを回避する方法を解説します。...

就業規則の規定は法的効力なし!

会社によっては就業規則に、「退職意向は3か月前までに申し出ること」といったような規定がされている場合もあるでしょう。

そういった場合、「即日退職は難しい、2週間ルールは適応されない」と勘違いされる方が多いですが、それは間違いです。

会社の就業規則は法的強制力はなく、就業規則よりも民法や労働契約法などの事項が優先されます。就業規則の期間に不安に思うことはありません。

即日退職の詳しい内容は以下の記事もご覧ください。

退職代行なら即日・当日退職できる?有休なしでもすぐに辞める方法を解説「今すぐ辞めたいのに、2週間前に申告しなければならない」と悩んでいませんか?当記事では、退職代行を利用して即日・当日退職できる理由や、利用する時の注意点を解説します。退職代行で即日退職したい人は必見です。...

2週間待たずに辞めるなら退職代行が便利!

「2週間で自動的に退職できるなら、個人的な対応でも問題なさそう」

「あえて退職代行を使うメリットって何?」

2週間ルールは退職代行業者を利用せずとも、雇用期間の定めがない全ての労働者に適応されます。そうなると、わざわざ退職代行を利用するメリットは以下のとおりです。

お金を払ってまで依頼するメリット
  1. 辞められない環境から抜け出せる
  2. 不利な退職を避けられる
  3. 会社の違法行為に対応できる
  4. 会社からの法的措置への対策

ここからは、あえて退職代行を利用する4つのメリットを解説します。

1.辞められない環境から抜け出せる

退職代行の大きな業務は退職意向の代弁です。
労働者の中には自身で退職意向を伝えられない方が数多く存在します。

  • 辞めたいと言い出せない労働環境
  • パワハラが怖くて辞められない
  • 退職意向を無視されてしまった

退職代行を利用すれば、辞めたくても辞められない労働環境から抜け出すことができます。退職代行は労働者のための救済手段なのです。

2.不利な退職を避けられる

即日退職をしたくても、知識なしに自分本位で動いてしまうと様々なトラブルが生じることもあります。労働者のリスクを出来る限り減らし、労働者にとって有利に退職するためにはプロの見解が必要です。

退職代行業者のなかには、労働組合や弁護士などの有資格業者が存在します。有資格業者は会社とのあらゆる交渉の代弁が可能であるため、あなたが不利にならないよう対応してくれるというメリットがあります。

有給消化や欠勤相談など金銭が発生しない交渉は労働組合の退職代行業者がおすすめです。コストパフォーマンスも良好なので利用しやすいメリットがあります。

労働組合がおすすめ!
退職代行が一般企業ではなく労働組合法人が良い理由 「今のキツい環境からどうにか抜け出したい!」「退職したいけど、言い出すタイミングが…」「上司が怖くて退職したいことを伝えられなくて…」...

3.会社の違法行為に対応できる

  • 賃金や残業代の未払い
  • 明らかに労働基準法への違反がある
  • パワハラやセクハラ、いじめ

このように、会社が違法行為を行っている場合は退職代行業者の利用がおすすめです。退職代行業者の中でも弁護士の運営する業者は、このような違法行為への対応が可能となります。

未払い賃金を取り返すことや、会社への損害賠償請求は一般の退職代行業者は対応できないため注意が必要です。
弁護士と聞くと敷居が高く感じる方もいますが、最近では気軽に相談できるリースナブルな弁護士の退職代行業者も増えています。

弁護士の退職代行については以下の記事もご覧ください。

https://www.zaikei.co.jp/jobs/1383

4.会社からの法的措置への対策

会社からの損害賠償請求や懲戒解雇といったトラブルが生じた場合、弁護士の退職代行業者であれば対応することが可能です。

例えば既に無断欠勤をしてしまっており、損害賠償請求リスクの高い労働者の場合は、有資格業者へ依頼しておく方が安心といえるでしょう。

万が一、会社とトラブルになった場合でも対応できるように退職代行を利用しておくこともおすすめです。

退職まで2週間!退職代行を使えば負担が減る

退職代行には2週間ルールが存在しますが、このルールを回避する方法もあります。ストレスなく、スムーズに会社を退職したいのであれば、退職代行業者の利用がおすすめです。

この記事を参考に、退職代行の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事