退職代行をもっと知る

新卒でも退職代行利用してOK?よくある不安や転職への影響をチェック

「入社したばかりで辞めづらい…」
「新卒で退職代行を使ってもいいのかな?」

入社したての会社であっても、イメージ通りの仕事ではなかった・職場の人間関係がうまくいかないなど、悩みの種はいくつもあります。「辞めたい」を伝えづらい新卒時期は特に退職代行が便利ですが、そもそも利用していいかどうか不安に感じる方も多いでしょう。そこで今回は新卒でも退職代行サービスを利用していいのか・辞めてもいいのかを、独自アンケートの結果を交え詳しく解説したいと思います。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
鈴木拓海

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

新卒で退職代行を使って会社を辞めてもいい?

結論からいうと、新卒でも退職代行サービスで会社を辞めて大丈夫です。退職代行の利用には年齢や社歴による制限がないため、新卒でも相談してOK。入社したてだからといって遠慮する必要はなく、退職代行は誰もが利用できるサービスとなっています。

・・・とはいえ新卒退職には他にも不安なことが色々あるはずです。そんなあなたのモヤモヤを和らげる内容を続けて紹介していきますので、ぜひこのまま読み進めてみてください。

新卒で同じ悩みを抱えている人は多い!

実はあなたと同じ新卒の方が同様の悩みを抱えるケースは少なくありません。入社してすぐ「辞めたい」と思うのは、むしろ当たり前の感情といえるのです。ここではまず、日本労働調査組合のアンケート結果をみなさんにご紹介したいと思います。

入社1年目で50%の人が仕事を辞めたいと思っている

日本労働調査組合が2021年5月に行った新卒の方対象のアンケートによると、入社後すぐのタイミングでも50%以上の人が「退職を検討したことがある」と回答。実際入社1年目で辞める人の割合は30%以上ともいわれていて、毎年多くの人が退職しています(※)。

新卒だけど辞めたいと思っているのは、あなただけでないというわけです。

アンケート結果_入社1年目の方の半数以上が退職を検討したことがあると回答
アンケート結果_入社1年目の方の半数以上が退職を検討したことがあると回答

引用元:日本労働調査組合

※参考:厚生労働省『新規学卒者の離職状況』

入社1年目で多くの方が抱える悩み

同じく日本労働調査組合が調査したところによると、入社1年目の人が抱える悩みは以下のとおり。人間関係・お給料の安さ・やりがいのなさに不安を覚えていることが分かります。

アンケート結果_入社1年目の方が抱える悩み
アンケート結果_入社1年目の方が抱える悩み

引用元:日本労働調査組合

人間関係やお給料については会社環境に依存してしまうため、今後長く悩むことになる可能性も高いです。改善するのが難しい問題でもありますし、退職も選択肢の1つになり得ると考えられます。

一方3番目に多かったやりがいに関して、これは新卒ならではの悩みかも知れません。最初の数か月間は研修で肩慣らしからスタートするのが一般的で、”仕事をしている”という実感がわきにくい時期でもあります。業務に携わる機会が増えれば解消されることが多いですが、「仕事を頑張ろう!」と意気込んで入社した方は特に研修時期にギャップを感じてしまうことでしょう。

新卒で退職するとどうなる?

退職できず悩む新卒の方の多くは、入社後すぐ辞めることのリスクも心配されているのではないでしょうか。そこでここでは、新卒退職によくある不安や疑問についてお答えしたいと思います。

友人や仕事仲間からダメなやつって思われる?

これに関しては人柄が問われる問題のため、正解となる答えはありません。しかしあなたのことを本当に思ってくれる仲間であれば、あなたの決断を後押ししてくれるのではないでしょうか

真剣に悩んだ結果退職に踏みきったのであれば、仲間はきっとあなたを応援してくれます。友人や仕事仲間の意見ではなく、あなたの意思をまず大切にしてみてください。

両親に心配されない?

新卒退職することでご両親に心配される…その可能性は否めません。親御さんは子どもに関する出来事には特に敏感なものですし、また昔は”会社と添い遂げる”の概念が根強かったことを考えると、心配をかけてしまうことも考えられます。

とはいえご両親はあくまであなたの身を案じているのであって、悩んだ結果の決断であればむしろ応援してくれるはず。最初は心配されるかも知れませんが、ご両親はずっとあなたの味方です。退職に踏み切った理由をきちんと話し、転職など今後の予定についても伝えれば、きっと納得して見守ってくれるでしょう。

次の転職が不利になる?

新卒退職すると転職が不利になるのでは…そんな不安を覚える方も多いでしょう。しかし入社後すぐ辞めたからといって、転職活動にはほとんど影響がありませんのでご安心を

先ほどもお伝えしたように、入社1年目の方の離職率は3割強という高い水準が続いています。つまり新卒の転職は当たり前になっていて、採用側も社歴の短さで判断することはほとんどありません。

重要なのはむしろ、なぜ新卒で退職に踏み切ったかについてです。きちんと考えたうえでの決断だと採用側に伝えられれば、新卒退職でも希望の仕事に再就職できるでしょう。

転職したら基本給が下がってしまう?

転職でお給料が下がるのではと心配されている方もご安心を。いわゆる第二新卒として転職したとしても、お給料の条件は新卒採用と変わりません。辞める前と転職後、どちらも同水準のお給料を得られると考えていいでしょう。

また早く次のステップに進める分、転職先で昇給のチャンスが狙いやすくなります。そういった点を考えると、逆に早期転職はプラスとなる可能性を秘めているといえるでしょう。

辞めグセがつかない?

新卒退職することで辞めグセがつくのでは、そう懸念される方もいるでしょう。これに関してはあなた次第の部分もありますが、辞めグセがついてしまう可能性は低いと考えられます

なぜならあなたは今、新卒で辞めてもいいのかを真剣に悩んでいるはずです。退職にきちんと向き合える方であるならば、簡単に辞めてしまおうとは思い至らないでしょう。何事にも真面目に向き合える方は、別の道に進んでも大丈夫。あなたに合った仕事なら、きっと長く続けられることでしょう。

失業給付がもらえない?

新卒退職で1つ注意いただきたいのが、退職に際して失業給付は受け取れないという点です。

一般的に離職してしまった人は雇用保険の基本手当(失業給付)を申請できますが、これには12ヵ月以上の就労が条件となっています。退職・転職の際は何かと物入りではありますが、新卒退職の場合失業給付は受け取れないことにお気をつけください。

参考:ハローワーク『よくあるご質問(雇用保険について)』

新卒の時に退職代行を利用した方にアンケートを実施

退職代行マイスターでは、新卒で退職代行サービスを利用した方(全59名)にアンケート調査を行いました。みなさんどんな状況で辞めたのか、転職はできたのか、ここで実際の体験談をしっかり確認していきましょう。

いつ辞めた?

独自のwebアンケート結果によると、新卒で退職代行サービスを利用した方のほとんどが半年~1年の間に辞めていることが分かりました

1ヶ月以内3名
3ヶ月以内3名
6ヶ月以内20名
1年以内33名
全59名

入社後しばらくすると会社の内部事情が見えてくるもので、この時期は働いていて違和感や疑問を抱きやすいタイミングです。アンケート結果にもそれが表れているといえるでしょう。

退職代行を利用して会社を辞めて良かった?

なんとこの質問にはほぼ全員が「YES」と回答していました。新卒で退職代行サービスを利用することに抵抗を感じる方も多いですが、実は一歩踏み出して良かったという声は多いのです。

アンケートから喜びの声をいくつかピックアップしてご紹介します。

代行サービスを利用してよかったと思います。理由としては、自分では直接上司に対して退職する旨を伝えるのに強い抵抗があったためです。

27歳 男性 退職代行EXITを利用

ブラック企業だったので、先に退職した先輩の話では、何かといちゃもんをつけられてすぐにはやめさせてもらえなかったということだったが、退職代行を利用することで即やめることができたのでよかったです。

26歳 男性 退職代行ガーディアンを利用

店長・副店長レベルへの相談では仕方ないと頷いてくれたが、現場レベルの上司は元気だった頃や何とか動けているところを見ており退職の依頼を撤回させようとしてきた。退職代行が間に入ってくれることで、そのような圧から守ってもらえ、尚且つすぐに退職扱いになったため、とても心が楽になった。

23歳 女性 退職代行SARABAを利用

転職活動はうまくいった?

独自のwebアンケートでは、転職活動がうまくいったと思う方・苦労したと思う方の意見は丁度半々でした。みなさん無事に次のお仕事に就いているようですが、新卒入社からの転職に壁を感じる方もいるようです。

しかし転職に向けてしっかり準備していれば、誰でも問題なく次の会社が見つかります。例えば苦労した方の主な理由は以下のとおりですが、解決策を知っていれば成功できるはずです。実際うまくいった方は、コツを上手に押さえていたためスムーズに転職できたことがアンケートから分かります。

  • 面接で新卒退職の理由を聞かれた
  • 経験が浅いことで苦労があった(アピールポイントが少ない・入社後の業務など)
  • 好条件の企業が定員に達していた

続けてそれぞれの理由と対策方法、そして上手に転職できた方の実例をご紹介します。みなさんも新卒1年目で退職代行サービスを利用する際は、ぜひこの対策と実例を思い返して転職活動に臨んでみてください。

面接で新卒退職の理由を聞かれる

履歴書をもとに面接が行われますから、前職の在職期間については当然質問されるでしょう。とはいえ面接官は純粋な疑問をあなたに投げかけているだけで、新卒退職を悪いと思っているとは限りません。きちんと理由を説明すれば、在職期間の短さだけで面接を落とされることはないでしょう。

私は面接時に新卒1年目で退職した理由を、嘘偽りなく話をし、理解をしてもらえましたので苦労はしませんでした。

31歳 男性 退職代行ガーディアンを利用

経験が浅いことによる苦労

確かに入社してすぐの転職では経験を積めません。しかしほぼ新卒の状態で再スタートを切るわけですから、それは仕方のないことです。面接では前職で経験したことではなく、学生生活やプライベートでの活動についてメインで話すと上手くいくでしょう。

また経験の浅さは逆にこれからの伸びしろにもなります。次のお仕事へのアグレッシブな姿勢を見せれば、面接官にも好印象となること間違いなしです。

1年で辞めたのは何かあったのですか、と聞かれるのは納得の範囲内だったのでそこまで苦労とは思っていないです。若いうちに転職した方が良いと相談した人たちが全員言ってたので、早いうちにできて良かったんじゃないかと思っています。

23歳 女性 退職代行SARABAを利用

好条件の企業を探しにくい

新卒採用が落ち着いた頃に転職先を探すとなると、目ぼしい企業が見つけにくくなる可能性は否めません。しかしそんな方もご安心を。SARABA・ニコイチ・Jobsのような退職代行なら、会社を辞めた後に転職サポートを行ってくれます。新卒退職で転職先が不安な方は、こうしたサービスにぜひ1度相談してみてください。

幸いにも退職代行jobsで、次の転職についてサポートを受けることができましたので、非常に良かったです。

25歳 男性 弁護士法人川越みずほ法律会計を利用

おすすめの退職代行サービス(まとめ)

アンケート結果からも分かるように、新卒で退職代行サービスを利用してもまったく問題ありません。早めに辞められる分次のステップにスムーズに進めますし、むしろ新卒だからこその利用メリットも多いのです。「新卒だから…」と悩んでいた方も、この機会に退職代行を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

最後に退職代行マイスターおすすめの退職代行サービスをいくつかご紹介いたします。すべて会社と交渉可能&お手頃なサービスです、ぜひ参考にしてみてください。

サービス名 運営元 料金
退職代行ニチロー 労働組合 25,000円
退職代行SARABA 労働組合 25,000円
退職代行ガーディアン 労働組合 29,800円

退職代行ニチロー

退職代行ニチロー
料金〇 25,000円(追加料金なし)
交渉〇 労働組合なので交渉可能
即日対応〇 24時間対応、クレジット払い可
相談方法〇 LINE、電話、メール
口コミ△ 新しいサービスのため口コミが少ない
サポート力(スタッフの対応)〇 他の退職代行と比べて1番親切・丁寧
支払い方法〇 クレジットカード/銀行振込
転職支援×

退職代行ニチロ―は、モノマネ芸人のニッチローさんがイメージキャラクターの退職代行サービスです。弁護士・社労士・税理士の法の御三家を顧問として迎えていて、サポート力は退職代行の中でもピカイチ。不安がつきものの新卒退職も安心して任せられること請け合いです。

料金も25,000円とコスパに優れ、万一の時には全額返金保証つき。お財布に余裕がない方でも利用しやすいといえるでしょう。

運営元日本労働調査組合
代表者名安達雄也
所在地東京都足立区千住1丁目4-1 東京芸術センター10階
顧問弁護士、社労士、税理士

公式サイト

退職代行SARABA

退職代行SARABA
料金〇 25,000円(追加料金なし)
交渉〇 労働組合なので交渉可能
即日対応〇 24時間対応、クレジット払い可
相談方法〇 LINE、電話、メール
口コミ〇 利用者が多く口コミも多い
サポート力(スタッフの対応)△ 機械的な対応
支払い方法〇 クレジットカード
転職支援〇 

退職代行SARABAは「労働組合SARABAユニオン」が運営する退職代行サービスです。こちらは人材紹介会社と提携していて、退職後は転職サポートを無料で受けられます。新卒退職で転職が不安な方に特におすすめのサービスとなっています。

運営団体退職代行SARABAユニオン
代表者名岡本大輝
住所
顧問ー 

公式サイト

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン画像
料金△ 29,800円(追加料金なし)
交渉〇 労働組合なので交渉可能
即日対応〇 24時間対応、クレジット払い可
相談方法〇 LINE、電話、メール
口コミ〇 利用者が多く口コミも多い
サポート力(スタッフの対応)△ 機械的な対応
支払い方法〇 クレジットカード
転職支援×

退職代行ガーディアンは東京労働経済組合(TRK)が運営する、東京都労働委員会認証の退職代行サービスです。これまでさまざまな労働紛争を解決してきた実績があり、会社とのトラブル対応に自信あり。新卒退職で会社と揉めないか心配な方は、まずこちらに相談してみてはいかがでしょうか。

運営団体東京労働経済組合
代表者名長谷川義人
住所〒114-0002
東京都北区王子4-24-11 IKビル501
電話番号03-6903-3278

公式サイト

退職代行マイスターおすすめの退職代行サービスをもっと見る

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事