大阪金見通し:下落か、FOMC前に換金売りも

2022年1月24日 07:45

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:45JST 大阪金見通し:下落か、FOMC前に換金売りも
大阪取引所金標準先物 22年12月限・夜間取引終値:6676円(前日日中取引終値↓50円)

・想定レンジ:上限6720円-下限6640円

24日の大阪取引所金標準先物(期先:22年12月限)は下落しそうだ。市場の関心は日本時間27日未明の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見に向いている。これらのイベントを受け、米金融政策の正常化がさらに意識されると、長期金利が上昇し、また、金市場への資金流入が細るとの見方が強くなり、金価格の重しとなる可能性もある。こうした観測を映し、今日の金先物は、金融イベントを前にした換金売りも交え、売りが優勢の展開となりそうだ。《FA》

関連記事