メドピア 過熱感は後退し仕切り直しの動きが期待される

2021年12月1日 09:00

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:00JST <6095> メドピア - -
11月11日につけた年初来安値3005円からマドを空けての上昇となり、4000円を回復。その後は利食い優勢の中で25日線水準まで下げているものの、ボリンジャーバンドでは+2σ突破から、足元では+1σを下回ったことことから、過熱感は後退。仕切り直しの動きが期待されやすいだろう。《FA》

関連記事