日経平均は大幅続伸、海外株高で安心感、一時600円超高も後場上値重く

2021年10月8日 15:55

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:55JST 日経平均は大幅続伸、海外株高で安心感、一時600円超高も後場上値重く
日経平均は大幅続伸。7日の米国市場でNYダウは3日続伸し、337ドル高となった。与野党が連邦政府の債務上限を12月まで暫定的に引き上げることで合意し、安心感が広がった。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで353円高からスタートすると、連休明けで取引再開された中国・上海株が堅調だったことから投資家心理が一段と上向き、前場中ごろを過ぎると一時28321.35円(前日比643.14円高)まで上昇した。ただ、今晩の米国で9月雇用統計の発表が控えているだけに、後場に入るとやや上値の重い展開となった。

大引けの日経平均は前日比370.73円高の28048.94円となった。東証1部の売買高は13億5677万株、売買代金は3兆1984億円だった。業種別では、鉱業、輸送用機器、サービス業が上昇率上位だった。一方、海運業の下落が大きく、証券や銀行業は小幅に下げた。東証1部の値上がり銘柄は全体の80%、対して値下がり銘柄は16%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、レーザーテック<6920>、東エレク<8035>、キーエンス<6861>といった値がさ株の上昇が目立った。米ハイテク株高が安心感につながったようだ。ファーストリテ<9983>も堅調で、トヨタ自<7203>は3%近い上昇。竹内製作<6432>は決算が好感され、大真空<6962>は一部証券会社の投資判断引き上げを受けて急伸した。また、東京機<6335>がストップ高を付けたほか、コニシ<4956>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、郵船<9101>、川崎船<9107>、商船三井<9104>といった海運株が4~5%超の下落。武田薬<4502>は6日続落した。決算発表銘柄では7&iHD<3382>が朝高後にマイナス転換し、ローソン<2651>は売りが先行。また、業績下方修正のオンワードHD<8016>は東証1部下落率上位に顔を出した。《HK》

関連記事