新生銀行「事前の連絡を受けてない」、SBIホールディングスのTOBに対し「賛同得てない」

2021年9月10日 07:58

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■SBIホールディングスのTOB(株式公開買付)発表に対し東証適時IR開示で

 新生銀行<8303>(東1)は9月9日の19時前、SBIホールディングス<8473>(東1)が同日夕方に同行へのTOB(株式公開買付)を発表したことについて、「事前の連絡を受けておらず、本公開買付けは当行取締役会の賛同を得て実施されたものではありません」などと発表した。

 対応については、「本公開買付けの公開買付届出書の内容その他の情報を分析・検討したうえで、早急に株主の皆様にご案内」するとし、株主に向けては、「本公開買付けに関する考え方を含む当行から開示される情報をご確認いただいた上で、慎重なご対応を」要請するとした。この発表は「意見表明」ではなく、意見表明は改めて発表するとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事