日産自は15日の新車発表予告や「スカイライン」開発中止報道など材料視され値上がり

2021年6月14日 12:14

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「フーガ」「シーマ」も含めセダン新車開発中止と伝えられる

 日産自動車<7201>(東1)は6月14日、反発基調で始まり、取引開始後は562.5円(13.7円高)まで上げて出直りを強めている。

 6月15日午前10時30分に新車発表と予告して期待されているほか、「日産自動車が「スカイライン」などセダンの新型車の開発を中止することが11日、分かった。国内全4車種が対象。」(日本経済新聞6月12日付朝刊)と伝えられ、ことらに注目する様子もある。報道によると、高級セダン「フーガ」「シーマ」の開発も中止すると伝えられた。このため事業戦略の見直しなどに対する期待も出ているようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
神鋼商事は上値試す、21年3月期は需要回復が想定以上で最終増益予想(2021/03/10)
アールシーコアは下値固め完了、22年3月期収益改善期待(2021/03/10)
ケンコーマヨネーズはボックス上放れの動き、21年3月期減収減益予想だが上振れ余地(2021/03/10)
JPホールディングスは調整一巡、21年3月期予想は上振れの可能性(2021/03/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事