インフォコムが6日続伸、業績好調で証券会社の「注目開始」で期待も強まる

2021年6月8日 11:50

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■一日おきに上げ幅100円台だった相場の規則性が破れ騰勢拡大の見方

 インフォコム<4348>(東1)は6月8日、6日続伸基調となり、3245円(160円高)まで上げて戻り高値を更新し、今年1月以来の3200円台に進んでいる。業績が拡大基調である上、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が5月31日付で同社株式のへのカバレッジを開始と伝えられた。注目を開始したことになるため期待が強まっている。

 2021年3月期の連結決算は大幅な増収増益となり、売上高が前期比16.6%増加し、営業利益は同31.7%増の108.12億円と最高益を大きく更新した。今期・22年3月期の連結業績予想も全体に拡大の見通しとし、営業利益は1.7%増の110億円とした。

 直近の値動きを見ると、続伸が始まった6月1日から307円高、13円高、110円高、4円高、110円高と一日おきに大きく上げており、8日はこの規則的なリズムを破って連日の上げ幅100円台となっている。市場関係者からは、買い優勢が続く中で次第に注目度が強まり騰勢も強まってきたとの見方が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事