アイダ 21年3月期は売上高580.99億円、コロナ禍で1Qの売上や受注が落ち込むも2Q以降はEV関連の受注にも支え

2021年5月14日 18:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:22JST アイダ---21年3月期は売上高580.99億円、コロナ禍で1Qの売上や受注が落ち込むも2Q以降はEV関連の受注にも支え
アイダエンジニアリング<6118>は13日、2021年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比16.0%減の580.99億円、営業利益が同39.7%減の37.22億円、経常利益が同41.6%減の37.48億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同67.3%減の13.16億円となった。

日本の売上高は前期比17.3%減の402.37億円、セグメント利益は同32.9%減の31.69億円となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で第1四半期の売上が落ち込んだものの、第2四半期以降は回復している。

中国の売上高は前期比9.6%増の73.75億円、セグメント損失は主に貸倒引当金の計上等により3.31億円(前期は2.40億円の利益)となった。早期の感染収束により第1四半期より経済活動が回復した中国においては、工事進行基準案件の進捗やサービス売上が増加した。

アジアの売上高は前期比13.3%減の71.37億円、セグメント利益は同43.6%減の5.99億円となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響は第2四半期以降軽微となったが受注の伸び悩みの影響を受けた。

米州の売上高は前期比11.6%減の104.51億円、セグメント利益は同5.1%減の5.15億円となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で第1四半期の売上が落ち込んだものの、第2四半期以降は回復している。

欧州の売上高は前期比14.3%減の95.84億円、セグメント損失は0.81億円(前期は2.43億円の損失)となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で第1四半期の売上が落ち込んだものの、第2四半期以降は回復している。

2022年3月期通期の連結業績予想については、EV関連プレスやサービスが伸び、売上高が前期比6.7%増の620.00億円、営業利益が同20.9%増の45.00億円、経常利益が同22.7%増の46.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同127.9%増の30.00億円を見込んでいる。《ST》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース