バルミューダは後場もストップ高続く、5Gスマホ事業への参入など注目される

2021年5月14日 14:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■京セラを製造パートナーとしソフトバンクでの発売を計画

 バルミューダ<6612>(東マ)は5月14日、後場も買い気配のままストップ高の6790円(1000円高)で始まり、朝の取引開始からまだ売買が成立していない。13日の15時、第1四半期決算と通期業績予想の増額修正、「帯端末事業(5Gスマートフォン開発及び販売)」への参入、などを発表し、注目集中となっている。

 機能性や意匠に富んだ家電製品のファブレス企業(生産設備をもたない製造業)で、5Gスマートフォン事業では京セラ<6971>(東1)を製造パートナーとし、販売開始時期は2021年11月以降(予定)、取り扱いはソフトバンク<9434>(東1)のみ、同時にSIMフリーモデルの販売も計画するとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エイトレッドは調整一巡、21年3月期上振れ余地(2021/03/16)
シナネンホールディングスは上値試す、21年3月期上振れ余地(2021/03/16)
日本エンタープライズは下値切り上げ、21年5月期増収増益予想(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】「コロナ後」~米国はインフレ懸念、日本はデフレ懸念という対照(2021/03/21)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告