東京為替:1ドル108円60銭台、 米政府、パイプライン停止で緊急措置を宣言

2021年5月10日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:28JST 東京為替:1ドル108円60銭台、 米政府、パイプライン停止で緊急措置を宣言
午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=108円60銭台で推移。米政府は同国最大の石油パイプラインとの停止により、混乱回避のために緊急措置の宣言を行ったと日本経済新聞が報じている。ガソリンなど燃料輸送の規制が一時的に緩和となるもようだ。なお、日本時間の今日に入り、一部の小規模なパイプラインは再稼働をしたもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が256.13円と寄り付きから上げ幅を拡大している。売買代金の上位では、景気敏感株や輸出関連銘柄の上昇が目立っている。なお、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>は1490円安となり、相場の重しとなっているようだ。《FA》

関連記事

広告