日経平均は214円高、3月の米CPIなどにも関心

2021年4月13日 14:24

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:24JST 日経平均は214円高、3月の米CPIなどにも関心
日経平均は214円高(14時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>などがプラス寄与上位となっており、ファーストリテが1銘柄で106円程押し上げている。一方、TDK<6762>、太陽誘電<6976>、アドバンテスト<6857>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、鉄鋼、ガラス土石製品、その他製品、証券商品先物、保険業が値上がり率上位、空運業、電気・ガス業、鉱業、海運業、陸運業が値下がり率上位となっている。
日経平均やや上値が重い展開。今晩、3月の米消費者物価指数(CPI)が発表される。米長期金利の動きに影響することも考えられることから、注目度が高いようだ。《FA》

関連記事