不動産DXを推進するAMBITIONは経済産業省が定める「DX認定取得事業者」に選定

2021年4月5日 18:55

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 AMBITION<3300>(東マ)は、情報処理の促進に関する法律第31条の規定において、経済産業大臣によりDX認定制度の認定事業者に選定された。DX認定制度は、経済産業省策定にかかる指針に則り、優良な取組みを行う事業者を認定することで、国内企業のDXデジタルトランスフォーメーションの促進を目的とする制度。

 AMBITION<3300>(東マ)は、情報処理の促進に関する法律第31条の規定において、経済産業大臣によりDX認定制度の認定事業者に選定された。DX認定制度は、経済産業省策定にかかる指針に則り、優良な取組みを行う事業者を認定することで、国内企業のDXデジタルトランスフォーメーションの促進を目的とする制度。[写真拡大]

写真の拡大

 AMBITION<3300>(東マ)は、情報処理の促進に関する法律第31条の規定において、経済産業大臣によりDX認定制度の認定事業者に選定された。DX認定制度は、経済産業省策定にかかる指針に則り、優良な取組みを行う事業者を認定することで、国内企業のDXデジタルトランスフォーメーションの促進を目的とする制度。

 同社は、『住』領域のDX事業を積極的に推進し、リアルとデジタルの両面で、不動産業界のリーディングカンパニーを目指すという経営ビジョンを掲げ、労働集約型である不動産業界の更なる進化を目指していることから、こうした取組みが評価され、DX認定事業者に選定された。今後も同社は不動産DX事業の成長に注力し、社内DXを加速させると共に、不動産業界及び社会全体のDX推進に貢献していくとしている。

■DX認定制度とは

 DX認定制度とは、2020年5月15日に施行された「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」に基づく認定制度。経済産業省が策定した「情報処理システムの運用及び管理に関する指針」を踏まえ、優良な取組を行う事業者を申請に基づいて認定する制度。同制度は、ビジョンの策定や戦略・体制の構築など、認定基準を満たす事業者を「DX認定取得事業者」として認定することで、社会全体のDX推進を図ることを目的としている。

・独立行政法人情報処理推進機構:IPAのサイト https://www.ipa.go.jp/ikc/info/dxcp.html

■認定に至った背景

 同社は、子会社である海外システム開発会社にて優秀なエンジニアを有し、その開発力を活かした不動産DX事業の推進、不動産業界における新しい顧客体験の創造等に取り組んでいる。また、AI+RPAツール『ラクテック』など、最先端技術を活用したプロダクトの開発・販売によって、アナログな不動産業界の変革を目指している。こうした取組みが経済産業省のDX推進指標における認定基準を満たしていること、社内外のステークホルダーに向けて適切な情報開示をしていることなどから、DX認定取得事業者として認定された。

■不動産DX事業の今後の展望

 同社は、2020年11月に、「不動産テック事業」を「不動産DX事業」に名称変更している。DX事業の基本戦略としては、自社開発とアライアンスをバランスよく組み合わせてプロダクト開発に取り組んでいく。

 現在、DX新戦略のSTEP1.として、不動産領域における「自社事業の成長加速」と「SaaS型の新たな収益源創出」を目的とした不動産業界のDXの取組みに注力している。

 次に、STEP2.として、そこで培ったノウハウを活かした不動産領域のtoC向け(消費者向け)サービスを今春より新たに展開する予定。最終的にはSTEP3.として、不動産領域以外への展開も検討していく。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】リョーサンは業績上方修正を見直して割安自動車関連株買いが再燃し反発(2021/03/04)
【小倉正男の経済コラム】米国ゲームストップ株事件:個人投資家VSファンド(2021/02/04)
松田産業は08年以来の高値圏、21年3月期の利益予想は3回目の上振れの可能性(2021/03/29)
【注目銘柄】コクヨは前日比変わらずも増益転換予想業績と自社株買いを手掛かりに押し目買い交錯(2021/03/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告