トレジャー・ファクトリーの2月既存店売上高は4カ月ぶりに増加し0.6%増

2021年3月8日 16:54

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■全店は4.1%増加し5カ月連続増加

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)は3月8日の15時に2月の月次動向「2021年2月・月次売上概況(単体)」を発表し、既存店の売上高は前年同月比0.6%増加し4カ月ぶりの増加となった。全店は同4.1%増加し5カ月連続増加した。出退店は、退店が1店舗。

 2月の動向が出たことにより、通期(2020年3月から21年2月)の売上高前期比較は、既存店が前期の95.5%となり、全店は同99.0%となった。

 8日の株価は前場902円(19円高)まで上げて続伸基調だったが、後場に入り日経平均やTOPIXが下げに転じると押される印象になり、大引けは878円(5円安)となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
GMOグローバルサイン・ホールディングスは高値に接近、20年12月期増収増益予想(2020/09/30)
夢真ホールディングスは戻り試す、20年9月期増収増益予想(2020/09/30)
ジーニーは調整一巡、21年3月期黒字化予想(2020/09/29)
【特集】上方修正や好決算の発表銘柄から中国関連と証券株に「まだはもうなり」の可能性(2020/10/19)
【特集】テレワークの恩恵、ハウスビルダー株に注目(2020/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース