KeyHolderは「Web広告動画制作サービス開始」など注目され7%高

2021年3月8日 13:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■グループのクリエイターエージェンシ―、ワイゼンラージ社が展開

 KeyHolder<4712>(JQS)は3月8日の前場、7%高に迫る966円(60円高まで上げた後も強い値動きを続け、前引けは5%高の950円(44円高)。鋭い反発基調となった。

 同日付で「Web広告動画制作サービス開始」を発表し、期待が膨らんだ。コロナ禍で増加する映像コンテンツ需要に応え、同社グループでテレビ番組制作現場専門の人材派遣事業を展開するWISENLARGE株式会社(東京都港区、ワイゼンラージ社)がリーズナブルに供給できる広告動画制作事業を開始するとした。  ワイゼンラージ社は、テレビ番組『ZIP!』『ザ!鉄腕!DASH!!』『行列のできる法律相談所』など150タイトルを超える番組、CM、Web動画などの制作現場に多数の人材派遣実績を持つクリエイターエージェンシ―。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告