オルトプラス 中期シグナルの好転も意識される

2021年3月8日 13:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:25JST <3672> オルトプラス 498 +42
6営業日続伸で昨年10月半ば以来の500円を回復している。上昇する25日線を支持線としたリバウンド基調のなか、同線から大きく上放れる形状となった。週足では13週線が支持線として機能するなか、収れんしていた26週、52週線を捉えており、中期シグナルの好転も意識されてきている。週足の一目均衡表では基準線を突破し、雲下限に接近。《FA》

関連記事

広告