前日に動いた銘柄 part1 セレス、メドピア、JCRファーマなど

2021年3月3日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 セレス、メドピア、JCRファーマなど
銘柄名<コード>2日終値⇒前日比
セレス<3696> 4215 +490
HashPortとの資本業務提携で事業拡大への期待が先行。

メドピア<6095> 6240 +270
地合い悪い中でも大幅上昇で直近のもみ合いレンジまで復帰。

アンリツ<6754> 2406 +44
1月末からの調整一巡感で連日の買い戻し。

田岡化学工業<4113> 13190 +540
200日線タッチに伴う調整一巡感でリバウンド基調強まる。

ヒマラヤ<7514> 1062 +150
業績上方修正で上期は一転営業黒字見通しに。

BEENOS<3328> 2597 +249
メルカリの株価上昇など刺激に。

マネックスグループ<8698> 930 +54
ビットコイン価格上昇であらためて関心が向かう。

日本エンタープライズ<4829> 264 +14
特に材料見当たらないが押し目買い優勢に。

メディカル・データ・ビジョン<3902> 2091 +104
下値支持線まで到達で押し目買い優勢に。

東海カーボン<5301> 1519 +41
直近ではジェフリーズ証券が目標株価引き上げ。

JSR<4185> 3395 +115
モルガン・スタンレーMUFG証券では目標株価引き上げ。

JCRファーマ<4552> 3680 +125
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規に買い推奨。

ビーネックスグループ<2154> 1521 +74
夢真HDとの経営統合による事業拡大期待が続く。

システムソフト<7527> 158 +15
値動きの軽い低位材料株として短期資金の関心続く。

マネーパートナーズグループ<8732> 284 +4
仮想通貨関連が総じてしっかりの動きに。

サンデンHD<6444> 383 -80
割当増資による大規模な希薄化をネガティブ視。

日本アジアグループ<3751> 1089 -138
特別配当実施によるTOB撤回を警戒視。

日東精工<5957> 572 -49
真空地帯を見切り売りに押される展開。

エアトリ<6191> 2009 -124
引き続き高値圏での利食い売りが優勢に。

エスクリ<2196> 456 -34
上昇一服感で利食い売りが優勢に。《FA》

関連記事

広告