ドル・円は106円91銭まで上昇

2021年3月2日 20:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:07JST ドル・円は106円91銭まで上昇
 2日のロンドン外為市場で、ドル・円は106円83銭から106円91銭まで上昇した。欧州株が上昇に転じ、米株先物が下落するなか、米10年債利回りが1.44%台まで上昇し、ドル買いが優勢気味になった。


 ユーロ・ドルは1.1992ドルまで下落後、1.2027ドルまで上昇。欧州中央銀行(ECB)が債券利回り上昇抑制に動くとの思惑によるユーロ売り先行後、対ポンドでのユーロ買いが波及か。ユーロ・円は128円19銭まで下落後、128円55銭まで上昇した。


 ポンド・ドルは1.3902ドルまで上昇後、一時1.3859ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9168フランから0.9194フランまで上昇した。《KK》

関連記事

広告