仮想通貨関連株が軒並み急伸、「ゴールドマン仮想通貨トレード再開」と伝えられ期待強まる

2021年3月2日 09:49

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■リミックスポイントは22%高、マネックスグループは11%高

 マネックスグループ<8698>(東1)は3月2日、大きく出直り、9時30分にかけて11%高の972円(96円高)まで上げて反発幅を広げ、リミックスポイント<3825>(東2)は22%高の186円(34円高)など、暗号資産(仮想通貨)関連株が軒並み急伸している。

 米国でビットコイン相場が大きく反発し、「ゴールドマン、仮想通貨のトレーディングデスク再開へ-関係者」(ブルームバーグBloombergニュース3月2日5:30)と伝えられ、材料視された。セレス<3696>(東1)やビットワングループ<2338>(東2)も急伸している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告