リビン・テクノロジーズが後場一段高、オリックス銀行と提携し不動産販売を促進

2021年2月25日 13:45

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■正午にオリックス銀行との業務提携を発表し注目集まる

 リビン・テクノロジーズ<4445>(東マ)は2月25日の後場、買い気配で始まり、12時40分を過ぎて6%高の2745円(147円高)と上げ幅を広げている。

 正午にオリックス銀行との業務提携を発表。リビン・テクノのSaaS型SMS(ショートメッセージサービス)配信システム「SMS ハンター」を同行が取引先に紹介し、不動産販売の促進をはかる、などとし、注目を集めている。

 発表によると、「SMS ハンター」は、SMS(ショートメッセージサービス)を利用して自動的にメール配信する不動産業界に特化した追客用SaaSサービス。SMSを利用するので、PCメールと比較して高い開封率が見込める点が特徴。コロナ禍におけるリモートワークの促進にも寄与する、という。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告