大幸薬品 大幅続落、今期の実質減益見通しをネガティブ視

2021年2月15日 10:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:31JST 大幸薬品---大幅続落、今期の実質減益見通しをネガティブ視
大幸薬品<4574>は大幅続落。先週末に20年12月期の決算を発表、営業利益は56.5億円となり、従来予想の55億円をやや上回る着地になっている。決算期変更に伴う9カ月の変則決算となったが、実質的に前年同期比76.4%増益の形に。一方、12カ月決算の21年12月期は45億円と実質減益の見通しになっており、ネガティブ視する動きが優勢のようだ。感染管理事業における需要急増の反動減の影響などを織り込んでいるもよう。《ST》

関連記事

広告

財経アクセスランキング