アイリッジは顧客システム連携ソリューションの提供で東芝テック、リゾームと協業

2021年2月9日 12:46

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

アイリッジ<3917>(東マ)は、東芝テック<6588>、リゾーム(岡山県岡山市)と協業し、スマホアプリを手軽に導入できるショッピングセンター向け顧客システム(以下「同ソリューション」)の提供を4月1日に開始する。同ソリューションの利用企業は、ショッピングセンターにおけるスマホアプリを活用した販促から分析、テナントでのクーポン利用分の返還に至るまで、トータルに実現できるようになる。

アイリッジ<3917>(東マ)は、東芝テック<6588>、リゾーム(岡山県岡山市)と協業し、スマホアプリを手軽に導入できるショッピングセンター向け顧客システム(以下「同ソリューション」)の提供を4月1日に開始する。同ソリューションの利用企業は、ショッピングセンターにおけるスマホアプリを活用した販促から分析、テナントでのクーポン利用分の返還に至るまで、トータルに実現できるようになる。[写真拡大]

写真の拡大

■4月1日から提供開始

   アイリッジ<3917>(東マ)は、東芝テック<6588>、リゾーム(岡山県岡山市)と協業し、スマホアプリを手軽に導入できるショッピングセンター向け顧客システム(以下「同ソリューション」)の提供を4月1日に開始する。同ソリューションの利用企業は、ショッピングセンターにおけるスマホアプリを活用した販促から分析、テナントでのクーポン利用分の返還に至るまで、トータルに実現できるようになる。

 現在、新型コロナウイルス感染リスクを軽減するため、店員と消費者の接触機会を減らし、安心して買い物ができる環境づくりが求められている。短時間で効率的かつお得に買い物をしたいという消費者の声や、消費者との接点を広げたいというデベロッパーの声も上がっている。これらの状況から、スマホアプリを活用したリアルタイムな情報発信ができる販促が有効と捉え、同ソリューションを開発したとしている。

 同ソリューションは、東芝テックの店頭端末および周辺システムと、リゾームの会員販促インターフェース、アイリッジのアプリ開発・運用サービスのシステム連携により、店頭や会員サイトのデータを活用した顧客コミュニケーションの取れるアプリを、ショッピングセンター向けに提供するものである。システム連携対象サービスは東芝テックの売上管理システアイリッジ<3917>(東マ)は、東芝テック<6588>、リゾーム(岡山県岡山市)と協業し、スマホアプリを手軽に導入できるショッピングセンター向け顧客システム(以下「同ソリューション」)の提供を4月1日に開始する。同ソリューションの利用企業は、ショッピングセンターにおけるスマホアプリを活用した販促から分析、テナントでのクーポン利用分の返還に至るまで、トータルに実現できるようになる。ム「SX-7000」とテナント端末「SC Core」および顧客分析・プロモーションサービス「Direct Promotion」、リゾームの会員サイトサービス「Promotion GATE」、アイリッジのアプリ開発・運用・販促パッケージ「FANSHIP for Multi」である。「FANSHIP for Multi」を用いて開発することで、短納期かつコストを抑えたアプリ導入が可能となる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
GMOグローバルサイン・ホールディングスは高値に接近、20年12月期増収増益予想(2020/09/30)
夢真ホールディングスは戻り試す、20年9月期増収増益予想(2020/09/30)
ジーニーは調整一巡、21年3月期黒字化予想(2020/09/29)
【特集】上方修正や好決算の発表銘柄から中国関連と証券株に「まだはもうなり」の可能性(2020/10/19)
【特集】テレワークの恩恵、ハウスビルダー株に注目(2020/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告