東京為替:日経平均の下げ幅縮小も安全逃避的なドル買いはしばらく継続する可能性(訂正)

2021年1月28日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:51JST 東京為替:日経平均の下げ幅縮小も安全逃避的なドル買いはしばらく継続する可能性(訂正)
下記のとおり修正します。
(誤)安全逃避的なドル買いはひばらく継続する可能性
(正)安全逃避的なドル買いはしばらく継続する可能性

28日午前の東京市場でドル・円は、104円30銭台で推移。日経平均は445円安で推移しており、株安はやや一服したが、株価が短期間で反転する可能性は低いとみられている。安全逃避的なドル買いはしばらく続くとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円07銭から104円35銭で推移。ユーロ・円は125円99銭から126円17銭で推移、ユーロ・ドルは1.2085ドルから1.2112ドル。《MK》

関連記事